第1章 生涯スポーツ推進プラン 

 5年間のあゆみ 


  目標達成に向けて

 府民のスポーツ実施率を向上させるには、「運動やスポーツをやりたくても機会(時間の余裕や場所)がない人」への手だてが重要であり、そのためには、次のような環境整備が必要となります。
(1) 運動やスポーツの経験年数や「うまさ」に関係なく、誰もが参加しやすい地域での運動やスポーツのイベント・事業の開催
(2) 府内それぞれの地域のニーズに応じたスポーツクラブの育成とその活動の活性化
(3) より多くの府民の利用を可能とするための公共スポーツ施設の利用時間帯、利用区分、利用申込等の効率化
(資料 「運動やスポーツの実施意欲を高める条件」参照)
(資料 「利用したい公共スポーツ施設について」参照)
(資料 「公共スポーツ施設のサービスについて」参照)

 総合型地域スポーツクラブは、スポーツを核とするクラブの活動をとおして住民が広く絆を強め、地域が持つさまざまな価値(教育、文化、健康、安心・安全、福祉など)の再構築、さらには新たな創造による地域力の向上に大きく寄与するものであり、単にスポーツ振興にとどまることなく、未来につなぐ地域コミュニティ形成の一役を担うものです。
 今後、府民の皆さんに、より一層その必要性を理解していただくための啓発活動を行うとともに、多くの人々の参加を得るため、それぞれ地域のスポーツ風土を活かした京都にふさわしいクラブづくりを進める必要があります。
(資料 「総合型地域スポーツクラブへの加入意思について」参照)