「ほくりょん」って何?

 私は、京都府立北稜高等学校のマスコットキャラクターです。

 名前は、「ほくりょん」です。
 
 広報隊長として、北稜高校の魅力を発信していきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

≪マスコットキャラクターの由来≫
 北稜高校が平成31年度(令和元年度)に開校40周年を迎えるにあたり、昨年度の秋にマスコットキャラクターの募集を生徒に呼び掛けたところ、50点以上の応募がありました。その中から、候補10点を選定し、生徒の投票と校内会議の結果、ほぼ満場一致で決まりました。作者は、当時3年生の熊谷芙美子さんです。キャラクターのモチーフは、春になると北稜高校にたくさん飛来する「コシアカツバメ」です。ツバメが気持ち良さそうに空を飛ぶ様子は、若者が志を持って未来に向かって羽ばたこうとする姿に通じるものがあり、北稜生の飛翔を応援するという想いを込めています。
 また、ツバメは「人と自然の共存を象徴する野鳥」とも言われています。環境教育を教育の柱として推進する本校ならではのマスコットキャラクターです。

≪「コシアカツバメ」とは?≫
 「コシアカツバメ」は、その名のとおり腰(胴)が赤く、巣がとっくり型なのが特徴です。2年前に3年生が環境教育の一環として「北稜エッセイⅢ」(総合的な学習の時間)の授業で、飛来から渡りまでの約半年間、「コシアカツバメ」の生態を観察して発表を行いました。このときには、北稜高校内に203個の巣が確認されました。
 
 現在、全国的にツバメの飛来数が減少してきているとも聞きます。北稜高校に飛来する「コシアカツバメ」を大切に優しく見守りつつ、「ほくりょん」を大きく育てていきます。
 皆様、どうぞ「ほくりょん」を可愛がってください!