学校紹介

 
 

校長だより「令和2年4月20日」

 

 東宇治高校の生徒の皆さん、校長の松本です。
 臨時休業中、どのように過ごしていますか? 新年度が始まって、新しいクラスメートと顔を合わせたのもつかの間、再び臨時休業となり、もどかしく思っていることでしょう。また、授業を受けることができず、学習への不安もあることでしょう。追加の課題を、今日4月20日に発送しましたのでしっかり取り組んでください。

 2年生、3年生の皆さんに始業式でお話した、この新学期の臨時休業中にしてほしいことを三つ挙げます。

 一つ目は、自らの意思でしっかりと学習に取り組んでほしいということです。教科書を開け、課題に取り組み、来たるべき授業の再開に備えてください。

 二つ目は、移動や人との交わりが制限されたこの特殊な環境を、本を読み、自分と向き合い、自らの人間力向上の機会としてほしいということです。

 三つ目は、新型コロナウイルスの感染症拡大防止に向けて、責任ある行動を取ってほしいということです。皆さんのような若者は感染しても重症になりにくいといわれていますが、世界を見れば10歳台の若者で命を落としている人が相次いでいます。重症化しやすいお年寄りに移してしまうかもしれません。一人ひとりが最大限の注意をしてください。大切な家族のため、社会のため、教職員も生徒の皆さんも一丸となって感染拡大防止に努めていきたいと思います。

 さて、この「校長だより」のページに、私が今まで、入学式や卒業式、始業式や終業式などで、皆さんにお話ししてきたことをまとめましたので、目を通してみてください。

Copyright (C) 京都府立東宇治高等学校 All Rights Reserved.