学校紹介教育内容学校生活中学生のみなさんへ校長だより
PTA各種証明書サイトマップお問合せ月間行事予定TOPICS出席停止に関する報告書English Pageいじめ防止基本方針部活動指導指針

マレーシア研修編2

 ~マレーシア編②~  6月11日(月)  第3日目 バングリス村からクアラルンプールへ 

  今日も快晴、朝から暑い。日本で調べた天気予報では、雨(スコール)が毎日あるはずだった。(結局、最終日まで
雨具は必要なかった。)
 朝9時、村の集会所に続々と生徒たちが集合してくる。ホストファミリーといよいよお別れ、遠ざかっていくお母さんたちの
姿に向かってバスの中からいつまでも手を振っている生徒の姿が印象的だった。
 いよいよ、クアラルンプール市内へ向かう。田舎から大都会へ、のんびりした生活から高層ビルが林立する都市へ移動す
る。バスの中は賑やかでテンションが高い。新王宮から戦勝記念碑、そしてKLタワーを順に見学する。現地のガイドさんが
詳しく説明してくれたはずだが、覚えているのは、新王宮は新国王が莫大な予算を投じて建立したこと。各州のスルタンが
5年ごとに交代でマレーシア国王に就くことで国全体のバランスを取っているらしいこと。
  昼食は市内の中華レストランで「飲茶料理」、何故か生徒たちは料理をたくさん残している。引率教員のテーブルは、料理
を全て平らげたが。
  午後は、バスに乗ってマレーシア森林研究所へ、熱帯林の中を小一時間散策した。木の大きさに感心しながら歩いたが、
特に「Crown Shyness」には驚いた。まさに「幾何学を自然が体現している場面」を下から見上げたときは、「OH!」と大声を
上げてしまった。
 次は、バトゥー洞窟へ、ヒンズー教の聖地、300段近い石段を登る。急勾配で、野生の猿が近くで人間(の持ち物)を狙って
いる。ハトの大群も住み着いている。インド人が階段の一番下の段にキスをしてから、裸足で上り始めている姿を見て、観光
気分から一挙に身が引き締まる思いをする。生徒たちの後を頑張って登って上まで行った。下まで降りてから汗だくで飲んだ
椰子ジュース、ぬるかったが、うす味のヨーグルトのような果肉とともに最高に美味しかった。「椰子ジュースどうですか」と
勧めてくれたガイドのリンさん、有り難う。リンさん、あなたのお陰で素晴らしい体験が出来て感謝している生徒は多いに違い
ない。
  リンさんには日本語で色々教わった。彼はマレー生まれの華僑だが、英語、マレー語、中国語、タミル語、
日本語を自由に操りながらガイドする姿は格好いい。


   
          村のお母さんたち                          急階段、手をつないで

    
            見上げると                         小野先生と  ほっと一息

                                  続きを読む(その3)
 
京都府立東宇治高等学校 〒611-0002京都府宇治市木幡平尾43-2
TEL . 0774-32-6390 / FAX . 0774-32-6371
e-mail  higashiuji-hs@kyoto-be.ne.jp
Copyright(c) 2011 Kyoto Prefectural Higashiuji Senior High School All rights reserved