学校紹介教育内容学校生活中学生のみなさんへ校長だよりPTA各種証明書サイトマップお問合せ月間行事予定TOPICS出席停止に関する報告書English Pageいじめ防止基本方針
トップページ > 学校紹介> 校長挨拶 

学校紹介

 

平成三十年度 校長挨拶   


校長挨拶

                                               京都府立東宇治高等学校 
                                               校 長  松 本  啓 二
  東宇治高校HPにアクセスいただきありがとうございます。         
 4月1日付けで着任しました校長の松本啓二です。どうぞよろしくお願いします。

  本校は昭和49年に創設され、この春に第42期生が卒業し、約1万4千人の卒業生が各界で活躍されています。気持ちのよい挨拶が自然と交わされ、学習だけでなく文化活動・スポーツ活動にも全力で取り組むことがよき伝統と校風として、今もしっかりと受け継がれています。
 今年度もグローバルネットワーク京都校として、本校の特色の一つである国際理解教育に取り組んでおります。人としての品性とコミュニケーション能力を身に付け、世界のどこかを支えるリーダーとして活躍できる人材を育成するよう励んでおります。

 生徒に『論語』の「啓発」について紹介しました。

 「不憤不啓、不不発、挙一不以三隅反、則不復也」
 (憤せざれば啓せず。悱せざれば発せず。一隅を挙ぐるに、三隅を以て反らざれば、則ち復たびせざるなり)


 「学問に対して、ふるい立つほどの情熱をもたない者には、教え導くことはしない。わかっていながら、それを口に出せないで、もどかしく思うほどの積極性を示さない者にも、教えることはしない。四角の一隅について教えた場合、それを基にして、他の三つの隅についてまで、自分で考えて返答して来ないようでは、二度と教えることはしない。」という意味です。

 高等学校では、この言葉ほど厳しく突き放すことはありませんが、「自ら学びたい」という気持ちや、「教わったことをもとに、自分で考えて他の真理を導き出そう」という探究的な姿勢はとても大切なものと考えます。新学習指導要領や高大接続改革で求められている力と、方向性を一にするものだと思います。
 東宇治高校では、そのような「学びに向かう力」や「知識を活用して問題を解決する力」の育成を、「知識・技能の習得」とともに大切にしていきます。

 地域の皆様に一層信頼していただける学校となるよう努めて参ります。御指導、御協力のほど、よろしくお願いいたします。

         

                               

 

 
京都府立東宇治高等学校 〒611-0002京都府宇治市木幡平尾43-2
TEL . 0774-32-6390 / FAX . 0774-32-6371
e-mail  higashiuji-hs@kyoto-be.ne.jp
Copyright(c) 2011 Kyoto Prefectural Higashiuji Senior High School All rights reserved