学校紹介教育内容学校生活中学生のみなさんへ校長だよりPTA各種証明書サイトマップお問合せ月間行事予定TOPICS出席停止に関する報告書English Pageいじめ防止基本方針部活動指導指針
トップページ > 教育内容> 異文化理解・国際交流> 1年英語探究セミナー> 異文化理解 海外を見る視点 

教育内容

 

1年Ⅱ類英語系セミナー 異文化理解 海外を見る視点/H22.9.18


9月18日(土) 「1年生Ⅱ類英語系セミナー」の3回シリーズの第1回目が行われました。このセミナーは、(財)大学コンソーシアム京都の高大連携事業の一環で、講師に佛教大学の文学部英米学科の松本真治先生と学生の浅田洋平さんをお招きし、有意義な講義をしていただきました。先生のこれまでの豊富な御経験と穏やかな人柄から生徒達もいつの間にか話に引き込まれ、今回のテーマである『海外を見る視点 異文化を学ぶ意義』について考えさせられた2時間でした。

松本真治先生、浅田洋平さん ありがとうございました。


《内容》 ・異文化理解とは   ・言語文化と非言語文化の紹介
・松本先生の異文化体験談    ・佛教大学・浅田洋平さんの留学体験
 


《生徒の感想より…抜粋》
  • 初めてのセミナーで、どんな感じなのかワクワクしてました。実際講義を受けてみると、想像以上に話が面白くて、楽しかったです。私は、外国に行ったことがないので、海外旅行には すごく興味があります。今回の講義を通して、国によっての文化の違いはやっぱりあるのだと知りました。外国へ行く上で大切なのは、その国の文化や生活スタイルを学ぶことだと思います。日本では当たり前のことでも、外国ではそれがありえないことだったり、感じ方やとらえ方の違いなどは様々だと思います。全部を理解するのは難しいことだと思いますが、努力して1つでも多くのことを知って、来年のオーストラリア研修旅行に備えたいです。
  • 私は1回オーストラリアへ行ったことがあり、ホームスティもさせてもらったことがあるので、ある程度オーストラリアについては知っていると思っていました。しかし、今回 松本先生の話を聞いて新しく分かったことがたくさんありました。その中でも印象に残ったことはオーストラリアは、多民族、多文化国家だということです。私は、ずっとオーストラリアには自分が「オーストラリア人」と意識している人たちばかりだと思っていたのですが、ギリシャや、中国のようなアジアの人としての意識をもっている人がいたり、文化もたくさんあるということにとても驚きました。
  • まず、知らないことがたくさんあったので楽しかったです。アメリカなどは、いろんな人が集まっている国なので、たくさんの文化があるだろうと思っていましたが、オーストラリアでもいろんな文化に分れていると聞いて驚きました。…松本先生の話はシェイクスピアや「ghoti」など印象に強く残る話が多かったです。話を聞くまで、あまりオーストラリアについても実感がわかなかったけど、知識の準備はとても必要だなとすごく感じました。ありがとうございました。
 
京都府立東宇治高等学校 〒611-0002京都府宇治市木幡平尾43-2
TEL . 0774-32-6390 / FAX . 0774-32-6371
e-mail  higashiuji-hs@kyoto-be.ne.jp
Copyright(c) 2011 Kyoto Prefectural Higashiuji Senior High School All rights reserved