2018/02/14

志楽小学校で英語レクチャー体験

2月8日(木)、2年生国際文化コースが志楽小学校を訪れ、英語を教える体験をしました。

志楽小レクチャー 1.JPG

小学校4年生の皆さんに、数字や、時刻の尋ね方・答え方、顔の名称、ものの形など、様々な英語の表現を教えました。

事前に「異文化理解」の授業で準備をし、リハーサルをして臨んだおかげで、しっかりと子どもたちに伝わったようです。

志楽小レクチャー 2 .JPG

いろいろな表現を学んだ後は、それを使ったゲームを一緒にしました。

英語で福笑いをする生徒と子どもたち。とっても楽しそうです!

志楽小レクチャー 3.JPG

東高生による小学校での英語レクチャー活動は、これで5回目となりました。

生徒たちにとっては、教える側になることが新鮮だったようです。また、小学生の子どもたちと触れ合う貴重な機会でした。

2018/02/13

ものづくり企業体験ワークショップ

2月13日(火)、2年生総合教養コースの生徒を対象に「ものづくり企業体験ワークショップ」が実施されました。

京都府中丹広域振興局のご協力のもと、京都府北部の企業3社(エナミ精機、国産部品工業、ユーハン工業)とポリテクカレッジ京都の皆様にお越しいただき、「ものづくり」の仕事についてお話いただきました。

生徒たちは班ごとにそれぞれのブースを回りながら説明体験を受けました。

エナミ精機 様

P2131940.JPG P2131947.JPG

国産部品工業 様

P2131953.JPG P2131956.JPG

ユーハン工業 様

P2131919.JPG P2131924.JPG

ポリテクカレッジ京都 様

P2131932.JPG P2131933.JPG

電化製品のパーツや油圧ポンプ、自動車エンジン部品、3Dプリンタなど、それぞれの企業・学校が誇る「ものづくり」が目の前で披露され、生徒たちは興味津々の様子でした。

実際に作られた製品や製造の過程を目で見たり触れたりすることができ、最先端の技術を体験する貴重な機会となりました。

最後に「ありがとうございました!」と元気な挨拶で説明体験を終えました。

ものづくりの仕事が自分たちの身近なところで役立ち、生活の基盤を支えているということを実感できたことと思います。

世界で活躍をしている企業が京都府北部にはたくさんあります。このワークショップが東高生にとって「ものづくり」に関心を持つきっかけとなり、地域の発展に繋がっていくことを期待しています。

京都府中丹広域振興局の皆様、そしてご協力いただきました企業・学校の皆様、ありがとうございました。

2018/02/09

3年生による進路リレートーク

2月9日(金)、2年生を対象とした進路学習「進路リレートーク」を実施しました。

大学・短大、看護医療系の学校、専門学校、就職・公務員の4つの講座に分かれ、進路決定をしている3年生から進路決定までの経験を聞きました。

3年生は、その進路を選んだ理由や、試験内容、準備・対策、そして後輩に向けてのアドバイスを、一人ずつリレー方式で語りました。

P2091890.JPG P2091894.JPG

大学・短大志望者会場

P2091901.JPG P2091902.JPG

就職・公務員志望者会場

2年進路リレートーク専門・看護 006.JPG 2年進路リレートーク専門・看護 007.JPG

看護医療系専門学校志望者会場

2年進路リレートーク専門・看護 002.JPG 2年進路リレートーク専門・看護 003.JPG

専門学校志望者会場

生徒たちは真剣な表情で、先輩から学んだことや気づいたことを熱心にメモにとっていました。

話を聞いた後、「どのように勉強しましたか?」など先輩たちに質問をする姿も見られました。

「自分のやりたいことに優先順位をつける」「先輩の報告書を見て対策をたてる」など、身近な先輩からのアドバイスは大変参考になるものでした。

この機会を活かし、進路実現に向けて頑張っていきましょう!

2018/02/08

芸術の力で問題を解決!

2年生「総合芸術」の授業の取組を紹介します。

3学期の授業は、生徒の目線で東高の課題と感じている様々な事柄を芸術的視点で解決するという試みが行われています。

東高で困っていることや問題点をグループで話し合い、解決策を出し合ってポスターにまとめました。

P2081904.JPG P2081903.JPG

そしていよいよ、実験が始まりました!

2年生の教室の廊下を歩いていると、こんなカラフルなゴミ箱を発見しました。

P2061893.JPG

このゴミ箱の上には「できるならどっち?」と書いてあり、

「好きな芸能人とひと夏の恋」がしたい!という人は「A」へ、「理想の人と出会う夏」にしたい!という人は「B」に入れて、投票を楽しむというものです。

誰かがうっかり落としていったのか、廊下にゴミが落ちていることがありますよね。そんな時、拾ってゴミ箱に捨てるのがちょっと楽しくなりそうです。

ちなみに、「B」の方が少し多く入っていたようです。

廊下をいつもきれいにしたい!という東高生の願いを叶える、素敵なアイディアでした。

他にもユニークなアイディアを用いた実験が学校中で行われています。「総合芸術」を選択していない生徒たちもこの実験に参加することができます。学校全体で東高をよりよくしようという雰囲気が生まれています。

2018/02/07

3学期読書週間

2月5日(月)から9日(金)まで「読書週間」を実施しています。1時間目の最初の10分間で、生徒たちは集中して朝読書をしています。

恒例の司書による「絵本読み聞かせ」は、今回1年生に行っています。

読み聞かせ(3学期) (4).JPG 読み聞かせ(3学期) (10).JPG

1年生のために選んだ絵本はこちら。冬にぴったりのお話です。

読み聞かせ(3学期) (12).JPG

『てぶくろ』 エウゲーニー・M・ラチョフ 絵/内田莉莎子 訳(福音館書店)

おじいさんが落とした片方のてぶくろの中に住みついたネズミ。ウサギやオオカミもやってきて、ついにはクマまで中に入ろうとします!道端に落ちているてぶくろを見つけたら、想像をふくらませたくなりますね。

この読書週間をきっかけに、久しぶりに図書館へ足を運んでくれる生徒もたくさんいます。

2月の図書館は、バレンタインにあわせて恋愛小説やお菓子のレシピ本を展示中です。

ガラス展示2月「キュンとくる1冊」  (4).JPG 中央展示2月「バレンタイン」 (1).JPG

他にも、「好きな人に言われたいセリフはなんですか?」など、恋愛についての質問が書かれたフラッシュカードで遊べるコーナーがあります。

また、「先生おすすめの本」冊子を配布しました。今回は、先生の思い出の1冊と一緒に、その本を読んでいた頃の先生の写真を見ることができます。

どんな本か気になった人、先生の昔の写真をじっくり見たい人は、図書館の展示を見に来てくださいね。

読書週間(3学期)先生思い出の本.JPG 恋愛フラッシュカード(3).JPG

さらに、こっそり開催中のイベントがあります!実は、絵本コーナーの片隅をのぞいみると・・・

妖精さんのとびら (4).JPG 妖精さんのとびら (1).JPG

こんなところに小さな扉がありました。この中にそっと手紙を入れると、次の日に「妖精さん」から返事が来るそうです。

「あなたに会うにはどうすればいいですか?」「何才ですか?」などの質問に、どんな返事が届いているのか、ぜひ見に来てみてください。

この読書週間、図書館をたくさん利用してくださいね。

2018/02/06

就職模擬面接

2月6日(火)放課後、2年生の就職希望者を対象に第1回就職模擬面接を行いました。

P2061896.JPG

教員が面接官となり、自己PRや高校生活について質問をしていきます。

本番さながらの雰囲気で、生徒は緊張した様子でした。少し言葉をつまらせながらも、一生懸命に質問に答え、教員からのアドバイスを受けていました。

半年後の就職試験で実力が発揮できるよう、今からしっかりと練習を重ねていきましょう。

2018/02/05

京都フロンティア校研究成果発表会に参加しました

 2月4日(日)、放送メディア部の2年生3名が、京都工芸繊維大学で行われた京都フロンティア校研究成果発表会に参加しました。この発表会は、京都府教育委員会が主催するもので、各学校の特色を活かした取組を、プレゼンテーション発表やポスターセッション発表に分かれて行います。

 本校は、ポスターセッションにおいて、地域創生推進校としての取組「TOHMAI-WAY ~知る、考える、つながる」を発表しました。

 内容は主に2つ。1つ目は引揚やシベリア抑留、戦争体験を語り継ぐ取組です。2つ目は地元舞鶴の歴史や文化、産業を学び、地域貢献を目指すさまざまな創作活動です。3分間という限られた時間の中で、取組の流れや様子をわかりやすく説明しました。また、発表後、視聴者から、取組を通して学んだことや感じたことなどの質問があり、自分の言葉で丁寧に答えている姿は立派でした。

京都フロンティア成果発表 017.JPG

京都フロンティア成果発表 012.JPG P2041866.JPG

 「よい取組ができていて、発表も素晴らしかった。」と講評をいただきました。放送メディア部の皆さん、お疲れ様でした。

2018/02/01

2月挨拶運動を実施しました

 2月1日(木)、2日(金)の2日間、朝の登校時間帯に生徒会本部役員が校門に立ち、挨拶運動を行います。新生徒会がスタートして、今回が2回目の取組です。

挨拶運動2月 006.JPG  挨拶運動2月 010.JPG

 雪が降る中、生徒会役員は正門と通用門の2か所に分かれ、登校してくる生徒たちに、「おはようございます。」と大きな声で挨拶をします。少し恥ずかしそうに小さな声で挨拶を返す生徒もいれば、大きな声で元気に挨拶をして校内に入って行く生徒もいます。

 皆が自然と「おはようございます。」の挨拶を交わすことから1日が始まる。そんな学校生活は素晴らしいですね。

 この取組がきっかけとなり、挨拶を交わすことの大切さをより多くの生徒が考えてくれるとうれしいです。

2018/02/01

演劇ワークショップ

3学期中間試験が終了し、3年生は登校日を除いて卒業後の進路に備えるための自宅学習、1・2年生は通常授業が再開しました。2月1日(木)本日より3回に分けて行われる、2年生を対象にした「演劇ワークショップ」についてお伝えします。

劇団「ニットキャップシアター」代表・劇作家・演出家・俳優であるごまのはえ氏を講師としてお招きし、ワークショップを通して「人に伝える」演劇とは何かを教えていただきます。

P2011838.JPG P2011843.JPG

この取組に向けて、生徒たちは事前に「昔の写真」を用意してきました。

何に使うのかというと...

P2011840.JPG P2011845.JPG

「ここにある写真から、その状況や人間関係を想像してみましょう!」

生徒たちは1枚写真を選んで、それを題材に脚本を書いていきます。

テーブルの上には、地元・舞鶴で撮影された昔の写真が広げられました。

P2011847.JPG P2011846.JPG

「男の子がこんな服を着ているし、季節はきっと春!」

「この人がお父さんかも?」

など、グループで楽しそうに想像力を働かせます。

P2011854.JPG P2011848.JPG

次に、想像したシチュエーションから登場人物の会話を考えていきます。

いよいよ、発表の時間です!

P2011852.JPG P2011858.JPG

「お祭り」の写真を選んだグループは、楽しそうな雰囲気とドロドロした人間関係を感じさせるセリフを組み合わせ、笑いが起こっていました。

他にも男子高校生の熱い友情を描いたものや、お正月を過ごす家族のやりとりなど、グループの個性あふれる作品が完成しました。短時間であったにもかかわらず、生徒たちは力を合わせ、見事にそれぞれの世界観を作り上げました。

2年生は、半年後の文化祭でクラス演劇に取り組みます。今回の演劇ワークショップで学んだことを活かして、素晴らしい作品が出来上がることを楽しみにしています!

ごまのはえさん、そして劇団のアシスタントの皆様、ありがとうございました!

2018/01/31

2月のスクールバス運行カレンダー

2月のスクールバス運行カレンダーです。

H30.2 バス運行カレンダー.pdf