2020/10/23

東舞Expectation『秋の体験セミナー』

10月11日(日)、秋の体験セミナーを行いました。

多くの中学3年生の皆さん、保護者の方々に御参加いただきました。

DSC06628 (2).jpg

受付、日程説明のあとは希望した授業の体験および学校説明会に参加してもらいました。

国語の体験授業の様子

DSC06651 (2).jpg

数学の体験授業の様子

DSC06672 (2).jpg

社会の体験授業の様子

DSC06671.JPG

理科の体験授業の様子

DSC06682 (2).jpg

英語の体験授業の様子

DSC06685.JPG

体育の体験授業の様子

IMG_7459.JPG

学校説明会の様子

IMG_7443.JPG

DSC06705 (2).jpg

続いて、希望者を対象にAETと施設見学と、

PA110003.JPG

部活動体験も行いました。

IMG_7493.JPG

IMG_7495.JPG

セミナー終了後のアンケートでは、「部活と勉強が両立できるとてもいい高校だと思った。」「東舞の前期を受けようと考えていて、説明でよくわかりました。」「授業の雰囲気を知ることができて楽しかったです。」など好印象の意見が多く、嬉しく思っています。

アンケートの集計結果もHPに掲載しますので、ご覧ください。

お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

次は11月14日(土)に赤れんがパークにて東舞鶴高校文化の祭典『東高展』を実施いたします。

IMG_7465.JPG

学校説明と進路相談ブースもあります。

たくさんの方のご来場をお待ちしております!

2020/10/22

野球部通信9月号を発行しました。

野球部通信9月号を発行しました。

東高野球部通信

2020/10/16

東舞Expectation『平和未来フォーラム』

10月10日(土)、ユネスコ世界記憶遺産登録5周年記念・平和未来フォーラムが舞鶴市総合文化会館大ホールで実施されました。

本校から、パネルディスカッションに二名、演奏発表でウィンドアンサンブル部が参加しました。

第1部「ユネスコ世界記憶遺産登録の意義を考える。」のあと、

「次世代が考える国際平和」の第2部開式後、ウィンドアンサンブル部が演奏をしました。

曲は「RPG」「打ち上げ花火」「世界に一つだけの花」の3曲です。

IMG_1888.jpg

続いてパネルディスカッションでは「次世代が考える国際平和」をテーマに、

1年生の福岡凛さん、前田和香さんがパネリストとして参加しました。

ぼかし2.jpg

「中学生の頃から、講義を受けて語り部として活動していました。活動に参加した理由は先輩が活動をしていてかっこよかったからです。今回のパネルディスカッションは、緊張したけどいい経験になりました。」と教えてくれました。

今後もみなさんの活躍を期待しています。

2020/10/14

東舞Vision「英語科 総合的な探究の時間」

2年国際文理コースの総合的な探究の時間において

『舞鶴市のエネルギー問題』に関する探究活動を行っています。

本日は、グループでの発表の前段階として個人でミニプレゼンを行いました。

IMG_1893.jpg

2月の本発表(英語)に向けて、まず日本語で内容を深めます。

IMG_1898.jpg

今回わかった課題をさらに深めていく予定です。

2020/10/13

東舞Action『就職模擬面接』

10月8日(木)、舞鶴東ロータリークラブの皆様に御協力いただき、

3年生就職希望者の模擬面接指導を行いました。

IMG_7404.JPG

教員と行っている面接練習とは異なり、

実社会で活躍されている方々との面接に、

生徒たちは緊張感をもって臨みました。

IMG_7378.JPG

企業人の立場から具体的なアドバイスをいただき、

生徒たちにとって大変貴重な機会となりました。

IMG_7382.JPG

舞鶴東ロータリークラブの皆様、お忙しい中ありがとうございました。

IMG_3935.JPG

今回の経験を活かして本番も頑張ってください!

2020/10/09

東舞Expectation『京都府自転車安全利用推進員委嘱講習会』

10月8日(木)、希望生徒を対象に、

京都府自転車安全利用推進員委嘱講習会を実施しました。

舞鶴警察署および京都府府民生活部安心・安全まちづくり推進課から

4名の講師の方々にお越しいただきました。

IMG_7373.JPG

講義では基本的な自転車のルールや交通事故の責任を学び、

格技棟1階に移動して自転車走行訓練の実技講習を受けました。

IMG_7374.JPG

知っているつもりでも、講義や実技をとおして改めて知ることがたくさんありました。

講習を受けた生徒たちは、今後、京都府自転車安全利用推進員として、朝の安全利用の呼びかけなどで活躍します。

2020/10/07

東舞Expectation『書道部 東舞鶴駅作品』

書道部は、3年生が9月の文化祭で引退し、2年生に東舞鶴駅常時展示を引き継ぎました。

DSC06616.jpg

今回、2年生8名が仕上げた作品は、2013年夏に先輩たちが展示を始めた作品から

数えて、30作品目となりました。

DSC06622.jpg

これからも、先輩たちの思いを引き継ぎ

舞鶴の玄関を彩り、街を盛り上げていきたいと思います。

DSC06624.jpg

2020/10/06

東舞Vision『留学生交流授業』

9月28日(月)30日(水)、舞鶴工業高等専門学校に通う留学生2名をお招きして交流授業を行いました。

IMG_7222.JPG

(左)モンゴル出身 4年生電気情報工学科 トゥフシューさん

(右)ラオス出身  5年生建設システム工学科 ビーさん

28日は、2年生国際文理コースの生徒が、ラオスとモンゴルのエネルギー事情を中心に全て英語で講義を受け、

IMG_7037-2.jpg

講義の後は、国の基礎情報やエネルギーに関するクイズを通して、交流を深めました。

IMG_7070.JPG

30日は、1年生のマイガクⅠ(総合的な探究の時間)で、日本語による講義を受けました。

自国の紹介と課題などについて教えていただきました。

IMG_7210.JPG

留学生のお二人と交流し、ラオスとモンゴルのエネルギー事情や

それぞれの国が抱える課題について考えるよい機会になりました。

IMG_7213.JPG

ビーさん コッジャイ 

トゥフシューさん バイラルラー

IMG_7103.JPG

舞鶴高専の皆様、ありがとうございました。

2020/10/05

東舞Expectation『ボート部京都新聞掲載』

10月2日(金)の京都新聞朝刊に、先日の全国大会で優勝した

ボート部 倉内さん、永井さんのインタビュー記事が掲載されています。

IMG_8357-2.jpg

本校で行った2名へのインタビューを紹介いたします。

IMG_7196.JPG

Q.日本一おめでとうございます!今の気持ちを教えてください。

永井:当日は実感が湧かなかったです。今も本当に日本一になったのか?という感じです。3年間の努力が報われて、嬉しいです。

倉内:日本一を目指して練習してきましたが、現実になるとは思いませんでした。すごく嬉しいです。

Q.ボートをしてきて良かったと思うことは?

倉内:仲間や顧問の先生と一緒に頑張れたことです。

倉内君.jpg

永井:ボートをするために東舞鶴高校に入学しました。1年生の後半に怪我をして8カ月ボートを漕げず悔しい思いをしましたが、仲間や顧問の竹本先生に支えられてモチベーションを少しずつ上げていくことができました。その出会いが良かったと思います。

永井くん.jpg

Q.部活を通して身についた力は?

永井:努力です。

倉内:3年間続けてきたので、継続する力です。

Q.今回の経験を将来にどうつなげていきたいですか?

倉内:大学でも4年間ボートを続けます。高校の経験を大切に大学でも継続していきたいです。

永井:将来トレーナーになりたいと考えています。今回、優勝して努力が報われましたが、1・2年生の時は上手くいかないこともたくさんありました。けれど努力すると必ず成長できると実感できたので、自分の夢に向かって努力を続けていきたいです。

Q.後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

永井:中学生のみなさんにはボート部の体験に是非参加してほしいと思います!

倉内:勉強でも部活でも何か一つ夢中になるものを見つけてほしいです。そこに向かって努力すれば高校生活は必ず充実します!

IMG_7198.JPG

2020/10/02

東舞Mission『10月7日は舞鶴引き揚げの日』

舞鶴港に引き揚げ第1船「雲仙丸」が入港した日であることから、10月7日は舞鶴引き揚げの日と制定されています。

東舞鶴高校では、引き揚げの歴史を語り継ぎ、

平和の大切さを伝えていきたいと考え、さまざまな行動を行っています。

これまでの活動として、

シベリアでつらい毎日を送っていた人々と、一匹の犬との心の交流を描いた

「シベリアからやってきたクロ」の紙芝居上映やビデオ制作、

シベリア抑留の貴重な記録である「白樺日誌抄」のビデオ制作を行っています。

本校ホームページのトップページからどちらもご覧いただけるように期間限定で公開しています。

また、図書館では「舞鶴引き揚げの日」に関する展示をしています。

IMG_7340.JPG

これら内容が皆さんの心の中に少しでも残り、平和を考え行動するきっかけにしていただけると大変うれしく思います。