2018/11/13

京都府立大学特別授業②

11月12日(月)、2年生の国際文化コース・文理科学コースで「世界史B」「日本史B」を選択している生徒が、京都府立大学による特別授業第2回目を受けました。

京都府立大学は地域貢献型特別研究(ACTR)として、地域課題解決に向けた調査研究活動に取り組まれています。前回に引き続き、文化歴史学科・東昇准教授にお越しいただき、「高校付近の国道は、江戸時代の道なのか」と題してお話しいただきました。

PB120939.JPG PB120942.JPG

今回の授業で扱うのは、東舞鶴高校の近くを通る国道27号線。生徒たちは毎日の通学で通い慣れている道です。

PB120947.JPG PB120948.JPG

大学生の皆さんにもお手伝いいただきながら、現在の国道27号線と、明治時代の地形図や古文書とを比較しました。

PB120955.JPG PB120958.JPG

大学では、こういった古文書の解読についても学ぶことができます。大学の講義を体験することができる、大変貴重な機会となりました。