京都府教育委員会のトップページへ
 

失効した教員免許状の再授与手続き(更新制廃止の概要)


◎令和4年7月1日から、教員免許更新制が廃止されました。

 免許状が失効になっている方は、「再授与」のお手続きが必要ですが、手続き不要の方もおられます。必ず以下の記載をご確認の上、ご対応ください。(ご不明な場合はお問い合わせください。) 


 →(参考)教員免許更新制とは



1 教員免許更新制の廃止について 


 教員免許更新制の廃止により、令和4年7月1日以降は、
教員免許を所持する全ての方について、更新講習を受講する必要はなくなりました

 ただし、教員免許を使用する前に手続きが必要な場合がありますので、以下の点にご注意ください。

 【必要な手続きについて】

①令和4年7月1日以降に有効期限(修了確認期限)が到来する(または到来した)方

 必要な手続きはなく、お持ちの教員免許状は、有効期限(修了確認期限)の定めがない免許状として取り扱われます。

 

 

②令和4年6月30日以前に有効期限(修了確認期限)が到来した方 

→②の該当者のうち新免許状所持者の場合
 (→新免許・旧免許の違いとは?

免許を使用される前に再授与の手続きが必要となりますので、以下のリンク先をクリックして手続きをご確認ください。
 失効した免許状原本をお持ちの方
 失効した免許状原本をお持ちでない方
 

 

→②の該当者のうち旧免許状所持者の場合(ABの2パターンに分かれます。)

A 教員として在職中に有効(修了確認)期限が到来した

(定年退職日・任期満了日に有効(修了確認)期限が到来した場合を含む) 

→ 失効:教員免許を使用する前に、再授与の手続きが必要

   手続き方法については、以下のリンク先をクリックしてご確認ください。

    失効した免許状原本をお持ちの方
     失効した免許状原本をお持ちでない方

 

B 教員として在職していない時に有効(修了確認)期限が到来した 

→ 休眠:手続き不要。お持ちの教員免許状は有効なものとして取り扱われます。

 

※保育士の方は「教員」に含まれません。

 


      
2 教員免許状再授与の手続きについて
  再授与に該当される方は、以下のリンク先をクリックしてご確認ください。

  失効した免許状原本をお持ちの方
   失効した免許状原本をお持ちでない方

3 再授与手続き後の免許状授与日について

   以下の授与日から効力が発生しますが、免許状の作成には、授与日から、最長で2~3箇月程度お時間を頂戴しますので、御承知おきください。
 ①1日~14日に受付したもの:当月15日付け授与
 ②15日~月末に受付したもの:翌月1日付け授与

 ただし、以下の場合は例外となります。
  4月1日~4月14日に受付したもの:5月1日付け授与
  2月15日~3月31日に受付したもの:3月31日付け授与

4 お問い合せ先
 〒602-8570
 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
 京都府教育庁指導部学校教育課教員免許係 (京都府庁2号館1階)
  (電話075-414-5836・5838)              
 ★府庁へのアクセス・地図(京都府ホームページ)

     窓口申請受付時間:月~金(祝日及び12月29日から1月3日を除く)
   午前9時~午前11時・午後1時~午後4時
  ※お電話は8:30~17:15まで