メインメニュー

   
 

最新情報

令和4年度の専門分野に係る幼児教育アドバイザー(スペシャルアドバイザー)について
   
京都府幼児教育センターでは、以下の専門分野に係る幼児教育アドバイザーを幼児教育施設に派遣する仕組みを設けています。
 令和4年度からは、専門分野を拡充し、より多岐にわたる幼児教育アドバイザーの派遣が可能となっています。

     「本」や「読書」を通した保育の充実
     幼児教育施設での効果的なICT機器の活用
     〇「食」「健康」に関わる保育の充実
     〇幼児の体力向上に関わる保育の充実
     〇日本語の習得に困難がある幼児、保護者との関わり
     〇子どもの発達に関わる、保育の充実
     〇親子関係や親への支援、保護者との関わり
     〇子どもの主体的な活動を促す指導や家庭支援を通した、保育の充実
     〇保育者に対する子どもの情緒・発達に関すること

     幼児教育施設における防犯対策や安全対策
     〇子どもの身体表現に関わる、保育の充実(新規)
     〇幼児期の造形遊び(新規)
     〇保育を伴う園内研修や事例研修及び研究(新規)
     〇幼児教育施設の園評価(新規)

     〇乳幼児期の生活習慣と健康(新規)
     〇児童福祉の観点からの子育て、親育て(新規)
     〇子どもの創造的な表現活動や園の環境づくり(レッジョ・エミリア)
(新規)
  
     ※各専門分野の具体的な内容については、
リンク先のチラシの3・4ページ目の一覧を参照してください。


令和4年度の幼児教育アドバイザー(ジェネラルアドバイザー)の紹介
       コチラ ←幼児教育アドバイザーのページにジャンプします。 


幼児教育を学んだ令和3年度の長期研修生が作成した「研修セット」

   ~研修セットについて <制作の背景や活用方法についての解説>
      
 写真で見る「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿(10の姿)」(動画)

    研修資料

    10の姿解説シート

    10の姿見取り演習用ワークシート(ワードファイルダウンロード)

 

幼児教育アドバイザーによる研修動画について
   京都府幼児教育センターでは、4人の幼児教育アドバイザーの専門性を活かす内容の研修動画を作成しました。
     この動画は幼児教育施設での園内研修や小学校での校内研修用、また保育者の自己研鑽用として活用していただ
    ける内容となっております。 
     そのほかの研修動画などは コチラ ←保育者向け研修情報にジャンプします。

(新しいウインドウでYoutubeにリンクします)

 絵文字:NEW0・1・2歳児の主体性~あそびと環境~(19’ 35)幼児教育アドバイザー 大橋 美智子
  ○幼児教育におけるICT活用について(25’ 19)幼児教育アドバイザー 狩野 理恵子
  ○0歳児・1歳児の主体性
~生活の場面に焦点をあてた環境と援助の工夫~(23’ 59)幼児教育アドバイザー 大橋 美智子
  幼児期の教育と小学校教育の連携・接続-接続期のカリキュラムを考える-(42’ 48)幼児教育アドバイザー 河嶋 喜矩子
  
野菜を育てよう~自然の中で育てるもの、育つこと~(16’ 49)幼児教育アドバイザー 木藤 尚子
  
保育実践における “ことば(15’ 10)幼児教育アドバイザー 河嶋 喜矩子
  ○
“あそび” 「積み木(13’ 35)幼児教育アドバイザー 大橋 美智子
  ○子どもの育ちをつなげる「幼小連携・接続」(15’ 47)幼児教育アドバイザー 狩野 理恵子


※幼児教育アドバイザーの紹介は コチラ ←幼児教育アドバイザーのページにジャンプします。
 

更新情報

R4. 5.18 「専門分野に係るアドバイザーの派遣について」を更新しました。
R4.  5.18   
令和4年度幼児教育アドバイザー派遣事業実施要項を掲載しました。
R4.  4.  1    「
幼児教育アドバイザーの紹介」を更新しました。
R4.  4.  1 長期研修生作成の研修セットを掲載しました。(保育者向け研修情報にジャンプします。) 
R3.12. 21 大橋美智子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R3.10. 26 幼児教育協働研修(主催:京都教育大学、京都府公⽴幼稚園・こども園教育研究会、京都市⽴幼稚園教育研究会京都府私⽴幼稚園連盟)のお知らせを掲載しました。
R3.10. 15 各教育局主催の
保幼小連携会議等の情報を更新しました。
R3.  8. 31  令和3年度京都府幼児教育研究協議会web動画配信ページを公開しました。
R3.  8. 26 東京大学発達保育実践政策学センター公開シンポジウムについてのお知らせを掲載しました。
R3.  8.  3 令和3年度幼児教育アドバイザー派遣事業実施要項等を一部改正し、
特定の専門分野に係る幼児教育アドバイザー派遣の仕組みを設けました
R3.  7.13 幼児教育アドバイザーからのメッセージを掲載しました。
R3.  7.  9 狩野理恵子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R3.  5.13   「保育者向け研修情報」のページを更新しました。 
R3.  3.30 大橋美智子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R3.  3.  1 河嶋喜矩子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.10.15 保育者向け研修情報のページに「学びの動画資料」コーナーを作成しました。
R2.10.07 木藤尚子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  8.13 河嶋喜矩子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  7.30 大橋美智子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  7.22 狩野理恵子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  6.16 リーフレットの活用のアイデアを掲載しました。
     → 情報ライブラリー内「保育・幼児教育全般」ページからご覧ください。
 

トピックス

幼児教育センター
12345
2022/05/06

アドバイザー派遣【森の自然こども園東本梅】

| by nc5admin
 令和4年3月17日(木)、亀岡市立森の自然こども園東本梅に行ってきました。

 園の周囲は自然豊かで、園庭にも子どもたち、保護者や地域の方々の意見を取り入れた“自然”がたくさんあり、様々な場所で子どもたちは乳児幼児関係なく、異年齢での遊びを夢中になって楽しんでいました。

  
 先生方も子どもと一緒になって遊んだり、子どもたちに掛ける言葉を選んだり見守ったりすることで、子どもたちの主体的な活動の援助をされていました。
 午後からの保育の振り返りでは、「異年齢保育における主体的な遊びや生活を考える」をテーマに、給食調理員の先生も含め全職員で話し合われました。
 狩野アドバイザーからは、異年齢保育で、個々の発達を考慮して先生方がどう関わりを持てるようにしていくか、といったお話をさせていただきました。


 森の自然こども園東本梅からは、「子どもの姿を見守り、子どもの力を信じ、どのように援助しつなげるのかを、来年度に向けて子どもも職員も成長できる園づくりをしていきたいと強く感じました。」と、感想をいただきました。


15:54 | アドバイザー派遣
2022/03/04

アドバイザー派遣【亀岡保育園】

| by nc5admin
 令和4年1月12日(水)、亀岡保育園に行ってきました。

 この日は雪が降っており、予定されていた屋外での活動はできませんでしたが、4歳児クラスの子どもたちは保育室で正月遊び等思い思いの遊びを楽しんでいました。その後の音楽発表会に向けての活動では、合奏の中で自分が何をするべきなのかを考え、自分のパートを楽しそうにそして真剣な眼差しで演奏しており、子どもたちの自信を感じることができました。

 午後の研修会には、50名近い先生方が参加され、大橋アドバイザーからは「子ども主体による保育」についての講演をさせていただきました。
グループ交流では5、6名で熱心に保育の振り返りをしながら「子ども主体の保育」について話し合われ、試行錯誤し、悩みながら保育の改善を図ろうとされる先生方の思いが伝わってきました。

 

 亀岡保育園からは「昨年に続き、2回目の派遣で、保育参観をしていただいたことで、より具体的な助言をいただきとても参考になりました。保育や環境を見つめ直し、できる事から実践に取り組んでいます。」と感想をいただきました。

09:35 | アドバイザー派遣
2022/02/14

アドバイザー派遣【南丹市立城南保育所】

| by nc5admin

 令和3年12月17日(金)、南丹市立城南保育所へ行ってきました。

 

 子どもたちはみんな思い思いの場所で遊んでおり、遊戯室では、たくさんの子どもがドッジボールをしていました。自分たちでコートを作ったり、チーム分けや話し合いをしたりするなど12月の5歳児らしい姿を見させていただきました。
 また、クラス全員で歌を歌う活動では、「歌いたい」という気持ちがあふれていて、聴いている私たちまで楽しい気持ちになりました。

 

 

 大橋アドバイザーから「ドッジボールなどの集団遊びは、クラスみんなが楽しく遊べる方法を自分たちで考える「自治する力」の基礎が育つ。小学校入学までの3ヶ月でこれらの基礎をさらに高めてほしい」といったお話をさせていただきました。

 

 所長補佐の曽利先生から「残り少ない保育所生活を楽しい思い出作りとともに自分たちで進められる充実感の中で小学校へ繋げていけたら、と思いました」と感想をいただきました。

13:30 | アドバイザー派遣
2022/02/14

アドバイザー派遣【舞鶴市保幼小連携研修会】

| by nc5admin

 令和3年12月3日(金)、舞鶴市で開催された保幼小連携公開授業・保育研究会に出席しました。

 

 本研修会は、小学校と連携園での生活科連携活動の公開授業を通して、お互いの理解を深めながら、それぞれの「ねらい」を持った連携活動の充実に向けて研修を深めることを目的としたものでした。

 

 実践報告を中舞鶴小学校の1年生担任の先生と中保育所の5歳児クラス担任の先生がされました。1年生児童と5歳児の最初の出会いを大事にされ、それぞれの「ねらい」に即した幼小連携活動の報告でした。録画されたビデオには、1年生児童と5歳児が試行錯誤しながら活動する様子が映っていました。普段、同学年の中では、見せない姿が見られ、異年齢活動ならではの姿がありました。

 

 

 大橋アドバイザーから「“協同性”とは、“同じ事を一緒にする”ことではなく、1年生は、5歳児を大切な存在として扱い、5歳児は、自分の立ち位置を考えて動こうとすることであり、このような楽しい活動だからこそ生まれるのが協同性である」といったお話をさせていただきました。

 

 参加者からは「幼小の連携活動は、イベントのようなイメージを持っていたので、今回の活動はとても新鮮だった」「教師がレールを引いた活動をせず、子どもたちが考え、次につなげられる活動にすることが大切だと思った」「お互いを認め合うことも“協同性”の一つだと分かった」といった感想がありました。

13:28 | アドバイザー派遣
2022/02/04

アドバイザー派遣【八幡市研修会】

| by nc5admin

 令和3年11月9日(火)、八幡市で開催された令和3年度保育園・こども園・幼稚園教職員・新規採用職員研修に出席しました。

 

 「主体性を育む保育実践のあり方~保育者として子どもへの関わりの中で大切にしたいこと~」をテーマにした研修会でした。

河嶋アドバイザーから、

○主体性を育む保育実践の原点

○幼児期の教育の考え方

○環境構成の考え方

○援助の考え方 など

「保育者として何を大切にしていくべきか」と保育の根幹に関わったお話をさせていただきました。

 

 

 参加された先生方から、「たくさんの実践例があり、とてもイメージしやすく分かりやすい内容で、改めて保育の意味を考えさせられました」「どれだけ小さい子どもにも自分の気持ちはしっかりとあり、表情や動作など身体全体で表現していることがあるので、そのサインを見逃さず、想いに気付き一人一人の子どもを尊重できる保育をしていきたいと思った」といった感想をいただきました。
09:40 | アドバイザー派遣
12345

各ページのご案内

◆センターの概要
  センター長あいさつ、設立の目的、事業内容の紹介、センターへのアクセスを掲載しています。
◆幼児教育アドバイザー派遣事業
  派遣要項や派遣依頼書に加え、派遣のイメージを示したチラシがあります。4名の幼児教育アドバイザーの紹介もしています。
◆保育者向け研修情報
  保育者向けの研修講座や幼稚園教育理解推進事業等のお知らせをします。
◆情報発信コーナー
  保育者向けの情報や保護者の子育てについての情報を随時掲載します。
 
COUNTER46313
京都府幼児教育センター

〒600-8533
京都市下京区中堂寺命婦町1-10
京都産業大学 むすびわざ館4階
京都府教育庁指導部学校教育課内
TEL 075-414-5672
FAX 075-414-5837