メインメニュー

   
 

最新情報

◎令和3年度京都府幼児教育研究協議会web 動画配信ページを公開しました
   動画配信ページはコチラ
       動画配信・・・・・・・8月31日(火)から11月15日(月)まで                  
       事後アンケート提出期限・・動画配信日から11月22日(月)まで
        動画配信・アンケート提出期限を12月3日(金)まで延長します
 
◎専門分野に係る幼児教育アドバイザーの派遣について
   
京都府幼児教育センターでは新たに以下の専門分野に係る幼児教育アドバイザーを幼児教育施設に派遣する仕
 組みを設けました。

     「本」や「読書」を通した保育の充実
     幼児教育施設での効果的なICT機器の活用
     〇「食」「健康」に関わる保育の充実
     〇幼児の体力向上に関わる保育の充実
     〇日本語の習得に困難がある幼児、保護者との関わり
     〇子どもの発達に関わる、保育の充実
     〇親子関係や親への支援、保護者との関わり
     〇子どもの主体的な活動を促す指導や家庭支援を通した、保育の充実
     〇保育者に対する子どもの情緒・発達に関すること

     幼児教育施設における防犯対策や安全対策
  
       ※各専門分野の具体的な内容については、リンク先のチラシの3ページ目の一覧を参照してください。

 
幼児教育アドバイザーによる研修動画について
   京都府幼児教育センターでは、4人の幼児教育アドバイザーの専門性を活かす内容の研修動画を作成しました。
     この動画は幼児教育施設での園内研修や小学校での校内研修用、また保育者の自己研鑽用として活用していただ
    ける内容となっております。 
     そのほかの研修動画などは コチラ ←保育者向け研修情報にジャンプします。


(新しいウインドウでYoutubeにリンクします)

  ○幼児教育におけるICT活用について(25’ 19)幼児教育アドバイザー 狩野 理恵子
  ○0歳児・1歳児の主体性
~生活の場面に焦点をあてた環境と援助の工夫~(23’ 59)  幼児教育アドバイザー 大橋 美智子
  幼児期の教育と小学校教育の連携・接続-接続期のカリキュラムを考える-(42’ 48)幼児教育アドバイザー 河嶋 喜矩子
  
野菜を育てよう~自然の中で育てるもの、育つこと~(16’ 49)幼児教育アドバイザー 木藤 尚子
  
保育実践における “ことば(15’ 10)   幼児教育アドバイザー 河嶋 喜矩子
  ○
“あそび” 「積み木(13’ 35)幼児教育アドバイザー 大橋 美智子
  ○子どもの育ちをつなげる「幼小連携・接続」(15’ 47)幼児教育アドバイザー 狩野 理恵子


※幼児教育アドバイザーの紹介は コチラ ←幼児教育アドバイザーのページにジャンプします。
 

更新情報

R3.10. 26 幼児教育協働研修(主催:京都教育大学、京都府公⽴幼稚園・こども園教育研究会、京都市⽴幼稚園教育研究会京都府私⽴幼稚園連盟)のお知らせを掲載しました。
R3.10. 15 各教育局主催の
保幼小連携会議等の情報を更新しました。
R3.  8. 31  令和3年度京都府幼児教育研究協議会web動画配信ページを公開しました。
R3.  8. 26 東京大学発達保育実践政策学センター公開シンポジウムについてのお知らせを掲載しました。
R3.  8.  3 令和3年度幼児教育アドバイザー派遣事業実施要項等を一部改正し、
特定の専門分野に係る幼児教育アドバイザー派遣の仕組みを設けました
R3.  7.13 幼児教育アドバイザーからのメッセージを掲載しました。
R3.  7.  9 狩野理恵子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R3.  5.13   「保育者向け研修情報」のページを更新しました。 
R3.  3.30 大橋美智子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R3.  3.  1 河嶋喜矩子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.10.15 保育者向け研修情報のページに「学びの動画資料」コーナーを作成しました。
R2.10.07 木藤尚子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  8.13 河嶋喜矩子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  7.30 大橋美智子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  7.22 狩野理恵子アドバイザーによる研修動画を掲載しました。
R2.  6.16 リーフレットの活用のアイデアを掲載しました。
     → 情報ライブラリー内「保育・幼児教育全般」ページからご覧ください。
 

トピックス

幼児教育センター
12345
2021/12/01new

アドバイザー派遣【亀岡市立本梅こども園】

| by nc5admin

 令和3年7月30日(金)、亀岡市立本梅こども園に行ってきました。

 
 3・4・5歳児の異年齢クラスの運営や子どもが主体的に遊ぶ保育環境、保育者の援助の在り方について、様々な意見を出し合い、学びを深めました。

 公開保育は、異年齢クラスで3人の先生を中心にチームとなり、保育を進められていました。あらゆる場面で、年齢をこえて、遊び込んでいる姿が見られました。

 
 

 

 研修会では狩野アドバイザーより、園全体の先生方の連携の大切さや「これからの時代を生きる子どもたちを育てている」という意識を持って保育に携わってほしいというお話をさせていただきました。

 

 藤岡副園長から「幼児教育アドバイザーの派遣依頼は今回が初めての試みでしたが、依頼したことで、保育環境や保育者の援助を見直すきっかけとなりました。職員で対話することで、子どもの姿を見取る視点を広げることができました。」といった感想をいただきました。

08:45 | アドバイザー派遣
2021/11/30new

アドバイザー派遣【南丹市立みやま保育所】

| by nc5admin
 令和3年7月9日(金)、南丹市立みやま保育所に行ってきました。

 午前中は5歳児クラスを中心に保育参観をしました。
 多くの園児たちは園庭で遊んでおり、砂場遊びや三輪車、色水遊び等、自分のしたい遊びを夢中でしていました。
 園庭は、昨年度の訪問時にアドバイザーよりお話させていただいたことを基に、子どもたちがどんな遊びを楽しめるのかが分かりやすい環境になっていました。

 みやま保育所では、今日の遊びを明日につなげるために、クラスみんなで遊びの振り返りやテーマを決めて話をする「サークルタイム」という時間を設けており、この日は色水遊びについて、「しそを使って色水遊びをしたよ」「しそは畑でたくさんできていたよ」等と楽しかったことや感じたこと、みんなに知らせたいこと等を伝え合っていました。

 

 午後の所内研修では、大橋アドバイザーより「今、求められる保育・教育の質 0歳児から主体性を育む」と題した講演をさせていただきました。

 木戸所長からは「講演を聞いてから、子どもたちに言葉がけをする時に、色々考えて言葉をかける職員が増えました。」と成果報告をいただきました。

08:52 | アドバイザー派遣
2021/11/26

アドバイザー派遣【ひいらぎこども園】

| by nc5admin
 令和3年9月27日(月)、ひいらぎこども園に行ってきました。

 今回の訪問は、今年度新たに実施した「特定の専門分野に係る幼児教育アドバイザー派遣」の第1回目でした。

 
食育の専門家である伴 亜紀先生に園に行っていただき、「咀嚼(そしゃく)について子どもたちの様子を見て、上手に咀嚼ができない子どもに合わせた調理方法や保護者への支援方法」についてのアドバイスをしていただきました。

 午前中は調理室での作業や子どもたちの食事の様子の参観、そして午後からは参観を通して気になったお子さんに対する、調理方法や保育者の介助の仕方、子どもの口腔内の発達をみる力、保護者への支援方法について、担任の先生に丁寧に指導助言をするという内容でした。



 中田園長からは「長時間にわたり、個別の子どもへの対応を具体的にご指導頂き、ありがとうございました。『食事時間に自信と安心感を持って保育をすることができる』と保育者が喜んでいます。」と感想をいただきました。
09:50 | アドバイザー派遣
2021/11/26

アドバイザー派遣【八幡市研修会】

| by nc5admin

 令和3年7月28日、八幡市立幼稚園・こども園教育研究会研修会に出席しました。


 八幡市内の幼稚園、保育所、認定こども園の先生対象の「非認知能力を育むためには、どのような保育者の関わりが必要か」をテーマにした研修会でした。 

 講演では狩野アドバイザーから「保育の場で見られる非認知能力」や「非認知能力につながる保育の在り方」についてお話をさせていただきました。

 
 

 主催者である八幡市立有都こども園の辻園長から「八幡市の研究会として、講演を聴くことでテーマについて共通理解ができた。子どもへの関わり方や援助、保育環境を構成することが保育者の大切な役割なので、これらを視点として事例やエピソードを部会で持ち寄り、話し合い、今後の幼児期の教育・保育を進めていきたい」と感想をいただきました。


09:45 | アドバイザー派遣
2021/11/26

アドバイザー派遣【八幡市立有都こども園】

| by nc5admin
 令和3年6月21日(月)、八幡市立有都こども園に行ってきました。

 有都こども園では、「心はずませ、いっしょにあそぼう!~伝え合う、わかり合う、仲間づくりをめざして~」を研究テーマに、子どもたちが落ち着いた雰囲気の中にも楽しそうに遊ぶことができるよう、保育者は教育・保育の質の向上を目指して環境を設定されていました。


 午前中は3歳児クラスを中心に保育参観をしました。
 この日の活動は「はじき絵」ということで、初めに担任の先生が導入に係る絵本を子どもたちに読み聞かせをし、その後、子どもたちはたくさんの色の絵具やクレヨンを使って活動を楽しんでいました。

 


 保育参観後の懇談会では、園長先生をはじめ、3~5歳児クラスの担任の先生も参加され、この日の保育の振り返りや日頃の悩み等のお話を聞かせていただきました。
 大橋アドバイザーからは先生方の悩み等を踏まえて「今の子どもたちにとって、大人になった時に身に付けたい力とは何か」ということについてお話をさせていただきました。



 辻園長からは「アドバイザーさんのお話を聞かせていただいたことで、自分たちの保育を振り返るよい機会となりました。」と感想をいただきました。
09:45 | アドバイザー派遣
12345

各ページのご案内

◆センターの概要
  センター長あいさつ、設立の目的、事業内容の紹介、センターへのアクセスを掲載しています。
◆幼児教育アドバイザー派遣事業
  派遣要項や派遣依頼書に加え、派遣のイメージを示したチラシがあります。4名の幼児教育アドバイザーの紹介もしています。
◆保育者向け研修情報
  保育者向けの研修講座や幼稚園教育理解推進事業等のお知らせをします。
◆情報発信コーナー
  保育者向けの情報や保護者の子育てについての情報を随時掲載します。
 
COUNTER35119
京都府幼児教育センター

〒600-8533
京都市下京区中堂寺命婦町1-10
京都産業大学 むすびわざ館4階
京都府教育庁指導部学校教育課内
TEL 075-414-5672
FAX 075-414-5837