京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
特別支援教育部 記事一覧
12
2019/06/24

「『特別支援教育・佛教大学サテライト』講座のお知らせ」

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
下記の「特別支援教育・佛教大学サテライト」講座は、特別支援学校教諭免許状が取得可能な「佛教大学免許法認定通信教育」と連携して開講します。特別支援学校教諭免許状の取得を希望される方は、当センターへの研修講座の申込とともに、次のリンク先を参考に、必ず7月10日(水)までに佛教大学通信教育課程に問い合わせ、所定の手続きを行ってください。

平成31年度 免許法認定通信教育について
」(外部リンク)



No.534 特別支援教育・佛教大学サテライト「病弱教育」講座(令和元年8月20日)
No.535・536 特別支援教育・佛教大学サテライト「重複・発達障害教育」講座(令和元年8月6日、7日)

11:36 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/03/19

特別支援学級担任のための教育課程ハンドブック

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部

 特別支援学級担任のための教育課程ハンドブックは、特別支援学級の教育課程の基本的な考え方についてまとめた冊子です。


特別支援学級担任のための教育課程ハンドブック.pdf


 この冊子は平成26年度特別支援教育部研究プロジェクトの成果物として作成し、学習指導要領の改訂に合わせて、内容を更新しました。

 特別支援教育の基本について学べる資料となっているので、特別支援学級だけでなく、通常の学級や特別支援学校等でも参考にすることができます。



11:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/03/01

マルチメディアデイジー図書の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
マルチメディアデイジー図書は、障害等により通常の書籍を読むことが難しい人でも、読書を楽しめるように開発された図書です。

パソコンやタブレット端末で再生し、音声を聞いたり絵を見たりして読書を楽しむことができます。

センターでもマルチメディアデイジー図書を貸し出しておりますので、是非御活用ください。

リンク:
物品貸出について



また京都府立図書館でもデイジ-資料の貸出を行っています。

リンク:
京都府立図書館 デイジー資料一覧
14:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/28

音声付教科書の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部

音声付教科書とは、文字を読むことが難しい児童生徒が、耳で聞いて内容を理解できるように開発された教科書です。

専用の教科書を付属の音声ペンでタッチすると、タッチした部分を一文ごとに音声ペンが読み上げます。

文字を読むことが難しい児童生徒でも、耳で聞いて教科書の内容を理解することができます。

テストと学習環境のユニバーサルデザイン研究機構」が文部科学省の委託を受けて開発されており、教科書を読むことが難しい児童生徒に無償で提供されています(送料2000円が必要)。

    


センターでもサンプルの貸出を行っていますので、興味のある方はお問い合わせください。
リンク:
特別支援教育部 物品の貸出について


15:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/28

文部科学省著作教科書(知的障害特別支援学校用)の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部

知的障害特別支援学校用 文部科学省著作教科書(通称「星本」)とは、知的障害特別支援学校用に文部科学省が著作する教科書です。

国語科、算数科・数学科、音楽科の3教科があり、それぞれ小学部用が3種類(☆、☆☆、☆☆☆)、中学部用が1種類あります(☆☆☆☆)。

知的障害特別支援学校だけでなく、知的障害特別支援学級でも活用することができます。

 

星本は総合教育センター内の教科書センターにありますので、興味のある方は是非御覧ください。


 

リンク:文部科学省 特別支援教育振興のための施策
15:23 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/28

冊子「えがおのいっぽ」の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
この冊子では、視覚障害がある子どもを育てる保護者が、様々な困難を乗り越えて、次のいっぽを踏み出す様子を漫画で紹介しています。また、成長段階に応じたポイントやヒント、社会の様々なところで活躍する京都ゆかりの方からのメッセージ、社会におけるバリアフリーやユニバーサルデザイン、支援する施設や相談窓口などを親しみやすいイラストを用いてわかりやすく紹介しています。


リンク:
えがおのいっぽ~見えない・見えにくい子どもたちとともに~

egaonoippo


京都府では、視覚障害児や聴覚障害児の発達を正確に把握し、子どもの力(強み)を見つけて伸ばしていくことを目的として、京都教育大学をはじめとした教育機関や、京都ライトハウス視覚支援あいあい教室などの専門機関と連携し、平成28年度に「障害児の強み育成推進検討会」を設置し、「障害児の強み育成推進事業」を進めています。

事業の一環として、「見えない・見えにくい子ども」を育てておられる保護者や関係者の方に、日常生活を送る上でのポイントやヒントなどをわかりやすく紹介し、理解を深め、子どもの強みを見つけていただく一助となる冊子を作成しました。


10:32 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/28

NHK for school 「u&i」の紹介

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
「u&i」は発達障害などの困難があるこどもたちの特性を知ることで、多様性への理解を深めるこども番組です。

困難のある友達の“ココロの声”に耳を傾けながら、その悩みや特性を知り、どうしていくのがいいかを考える力を身につけていきます。

「授業でのタブレットの使用(合理的配慮)」「読み書きの苦手」「アレルギー」等、様々な困難について取り扱っています。

リンク:
NHK for school 「u&i」

授業用の指導案やワークシートもダウンロードすることができ、障害者等の理解教育に活用することができます。



※授業でNHKの番組を使用する際は、注意事項を確認の上、御使用ください。
リンク:
放送番組を教育現場で使用する際のポイント
09:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/02/14

特別支援教育に関わる展示品の入れ替え

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
 センター玄関ホールのガラスケースの特別支援教育に関わる支援機器を入れ替えました。
 新しく、発達障害のある子どもたちが社会的マナーやルールを覚えることができる、ソーシャル・スキルの教材を展示しました。

 また、展示している支援機器は各学校に貸出をすることもできます。(物品の貸出について
 展示する物品は定期的に交換をする予定です。センターに来られた際は、是非御覧ください。




11:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/19

音声教材普及推進会議への参加報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
 総合教育センター特別支援教育部では、読み書きの困難による学びにくさのある児童生徒の主体的な学びにつなげることができる、ICTを活用した指導・支援に関する研究を行っています。
 平成30年9月25日(火)に実施された音声教材普及推進会議に参加し、研究の成果を報告しました。(外部リンク 文部科学省音声教材 平成30年度会議配布資料
 研究の内容については、特別支援教育部の研究・教育コンテンツで公開しています。是非一度御覧ください。
 

リンク:通級指導教室における読み書きに困難のある児童生徒へのICT活用研究報告
リンク:ICTを活用した個に応じた指導法の研究(2)
09:56 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/18

特別支援教育に関わる支援機器の展示について

Tweet ThisSend to Facebook | by 特別支援教育部
 センター玄関ホールのガラスケースに、特別支援教育に関わる支援機器を展示しました。
 誰にとっても使いやすくデザインされたコンパスや定規など、学習をサポートする文房具等を展示しています。
 また、展示している支援機器は各学校に貸出をすることもできます。(物品の貸出について
 展示する物品は定期的に交換をする予定です。センターに来られた際は、是非御覧ください。

<展示物の一例>


「360°分度器」
 
持ちやすくデザインされた分度器です。
立体的になっているため、取り扱いがしやすくなっています。


「スーパーコンパス」

コンパスの持ち手が回転するため、片手で簡単に円を描くことができます。

       
10:30 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12