京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
教育相談部 記事一覧
2017/06/09

教育相談リーフレット

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育相談部

「学校不適応の未然防止のためにⅡ」~前思春期の理解から関わりへ~

 センターでは、「小学校3・4年生(前思春期)に学校不適応の萌芽があるのではないか」という仮説をもち、学校不適応の未然防止に向けた研究を継続しているところです。

 平成28年度の研究は、小学校3・4年生を担任されている先生に前思春期の子どもたちに関するインタビュー調査を行いました。その中から、この前思春期に必要だと感じている体験や力、またそれを踏まえて大切にしている関わりを、「教育相談リーフレット」としてまとめました。

 本研究の注目している前思春期の理解と関わりは、その後に続く思春期の理解と関わりにも役立つものと捉え、すべての校種、府内全教職員に配布するとともに、ダウンロードもできるようにしました。

    今、目の前の児童生徒の理解、そしてどのような関わりが必要かを考える資料になればと願っています。

H29 前思春期Ⅱリーフレット.pdf
12:34 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2016/05/16

教育相談リーフレット

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育相談部

「学校不適応の未然防止のために」

小学校3・4年生(前思春期)に焦点を当てた研究について

 センター教育相談部では、平成27年度から小学校3・4年生(前思春期)に焦点を当てて「学校不適応の未然防止のために」というテーマで研究を進めています。

 小学校3・4年生の時期が比較的安定期と思われる一方で、様々な形で学校への不適応感を表す子どもたちが少なくないという現状があるように思われます。センターでは、「小学校3・4年生(前思春期)に学校不適応の萌芽があるのではないか」という仮説をもち、学校不適応の未然防止に向けた研究を継続しているところです。

  平成27年度の研究は、小学校3・4年生という時期がどんな時期であるのかを改めて理解するために文献研究を行いました。また、平成27年度の当センター教育相談研修講座「今を生きる子どものこころ」講座を受講された教職員を対象に、①児童生徒の学校不適応(主に不登校)に関する教職員の意識、②児童生徒の発達に関する教職員の実感についてアンケート調査を行いました。

  この研究結果を「教育相談リーフレット」としてまとめ、府内全教職員に配布するとともに、ダウンロードもできるようにしました。この研究が児童生徒理解に役立つものになればと願っています。


H28 前思春期リーフレット.pdf
H28 前思春期リーフレット詳細版


13:44 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2015/05/26

教育相談リーフレット

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育相談部

子どもたちを児童虐待から守るために 
 
~言葉にならない叫びに気づき、適切に対応する学校と教職員~」

 
  センター教育相談部では、平成24年度から平成26年度までの3年間、「子どもたちを児童虐待から守るために」というテーマで児童虐待に関する調査研究を行ってきました。

 1年目は児童虐待に関する学校の意識調査と事例研究から、2年目は教職員研修の効果検証から、3年目は校内体制の整備と機関連携に向けて、というテーマで研究を進めてきました。

 子どもたちを児童虐待から守るために、学校教職員が知っておくべきこと、できることを改めて学ぶことが必要になってきています。3年間の研究から見えてきたことを、リーフレットにまとめていますので、ぜひ校内研修等でご活用ください。


児童虐待リーフレット(H27).pdf

 


11:18 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2015/05/25

「別室登校」リーフレット

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育相談部

「別室登校」研究について


  センター教育相談部では、平成
22年度から平成26年度までの5年間、京都府内(京都市を除く。)の小学校・中学校及び高等学校を対象に、「別室登校」に関する調査研究を行ってきました。

  調査は、「別室登校」の実施状況や指導、教室復帰に効果的な関わり、「別室」の機能と「別室」運営のポイント、また高等学校における「別室登校(保健室登校)」の意味等について毎年テーマを決めて実施してきました。 

  調査研究の結果は、1年ごとに「別室登校」リーフレットとしてまとめ、府内全教職員に配布してきました。特に、平成27年3月に発行した「別室登校Ⅳ」では小・中学校の研究を、「別室登校Ⅴ」では高等学校の研究を中心に、5年間の研究をまとめたものになっています。

  この研究が学校現場の教職員の方にとって、不登校児童生徒の理解や「別室登校」の効果的な運営の一助となることを願っています。
  リーフレットはダウンロードすることもできますので、ぜひ、校内研修等でもご活用ください。

 

「別室登校」リーフレット(H23).pdf
「別室登校Ⅱ」リーフレット(H24).pdf
「別室登校Ⅲ」リーフレット(H25).pdf
「別室登校Ⅳ」リーフレット(H27).pdf
「別室登校Ⅴ」リーフレット(H27).pdf
10:57 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2012/03/27

別室登校研究

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育相談部

ご利用になる方へ


本研究は、平成22年度と23年度に「別室登校」指導の実態及び「別室登校」児童生徒への効果的な指導方法を明らかにすることを目的にして行われたものです。調査研究にご協力いただいた府内全公立小中学校(京都市立を除く)、児童生徒、保護者の皆様に深く感謝いたします。

この調査研究では、「別室登校」を「不登校傾向の児童生徒が学校に登校している間、定められた通常の教育活動から離れて、常時もしくは特定の時間帯に相談室や保健室などの校内の別室(や他の場所)で、個別もしくは小集団で活動している状態」と定義しています。

研究成果には研究指定市(八幡市、城陽市、木津川市、亀岡市、綾部市、福知山市、舞鶴市、宮津市)で行われた研究についても掲載されています。また、事例は、個人が特定されないよう大幅に改変されています。

調査研究をとおして「別室登校」児童生徒の教室復帰に向けた効果的な関わり方についていくつかの知見を得ることができました。「別室登校」児童生徒を理解し関わる際の資料として本調査研究を活用いただければ幸いです。しかし、「別室登校」をしている児童生徒の抱える課題は一人一人異なります。本研究で得られた教室復帰に効果的であるとされる知見をそのまま「別室登校」児童生徒に適応するのではなく、今回の調査研究で得られた知見を参考にしながら、一人一人の子どもたちの必要を理解し、子どもたちと一対一の個別の関係をもてるように日々関わり続けることが重要であると思われます。


『平成22年度「別室登校」研究Ⅰ -実態把握と支援の在り方-』
http://www.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/cms/?page_id=99

 

『平成23年度「別室登校」研究Ⅱ -教室復帰に効果的な関わり-』
http://www.kyoto-be.ne.jp/gakkyou/cms/?page_id=99



なお、本コンテンツに対する御意見や御感想をお寄せください。
 宛先ed-kyoto@kyoto-be.ne.jp
 記入事項
1 御名前、連絡先
2 御意見や御感想

14:48 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2012/03/27

メール教育相談

Tweet ThisSend to Facebook | by 教育相談部

 メール教育相談

いじめや不登校等の悩みについて、パソコンや携帯電話から、電子メールによる相談ができます。(下記URLにアクセスしてください。)


1 ホームページURL
http://www.kyoto-be.ne.jp/ed-center/m/soudan.htm
*留意事項に同意の上、ご相談ください。


2 入力していただく内容
(1)性別、(2)学年、(3)返信先メールアドレス、(4)相談内容


   ○パソコンから
左のアイコンをクリックすると、メール相談のページに移動します。

   ○携帯電話から
http://www.kyoto-be.ne.jp/ed-center/m/soudan.htm
よりお入りください。
※迷惑メール防止機能で、パソコンからのメールを受信しない設定にされている場合は、返信を受け取れません。
QRコード

詳細について
  • 相談対象は、京都府立学校又は府内(京都市を除く。)の市町(組合)立学校、幼稚園等に通う幼児、児童生徒やその保護者及び学校教育関係者等の方です。
  • 相談内容は、(ア)性格や行動、友人関係に関すること、(イ)心や身体の発達、学習に関すること、(ウ)不登校やいじめに関すること、(エ)家庭教育に関すること
    上記以外のご相談については、お答えできない場合があります。
  • 相談へのお返事は、原則として一般的な内容や情報提供にとどまります。
  • 相談へのお返事には、5日程度(土日祝日・年末年始を除く)を要します。
  • 緊急を要する相談については、電話相談(075-612-3268、075-612-3301または0773-43-0390) のご利用をお勧め します。
  • 携帯電話への返信を希望される場合、パソコンからのメールの受信拒否設定を解除願います。
  • 相談の秘密は、必ず守ります。
  • 回答の無断流用は、固くお断りします。

13:52 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)