京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
1 事前の問い合わせ
特別支援教育部(TEL:075-612-2953)に、以下のことをお伝えください。
・物品名
・目的
・期間

※貸出し期間は、タブレット端末は概ね2か月、その他の物品は概ね1か月とします。
タブレット端末は、読み書きに困難のある児童生徒が、タブレットの活用を検討しているケースに限ります。

<タブレット端末 借用上の注意点>
①設定を変更する場合は、京都府総合教育センター特別支援教育部に連絡してください。
②貸出しの際に割り当てた京都みらいネット以外のインターネットには接続しないでください。
③個人情報に関するデータは保存しないでください。
④貸出し期間中タブレット端末に保存したデータは、返却時に削除してください。
⑤指導上必要な教材等データの取り込みは、付属の機器を使用してください。付属の機器の使用にあたっては、学校設置者に確認してください。

2 調整
貸出しが可能かセンター内で調整し、管理職あてに折り返し連絡します。
※貸出し状況等によって、希望に添えない場合があります。

3 貸出しの手続き
※事前の問い合わせ・調整の後、申請書を作成してください。


[府立学校の場合]
①「物品借用承認申請書」をホームページからダウンロードし、文書作成(公印必要)の上、特別支援教育部あてに送付してください。
 ※記入例を参考に作成してください。
②センターから、物品借用許可書を学校へ送付します。
 ※送付には数日かかります。御了承ください。
③「物品借用書」をダウンロードし、文書を作成してください。
④センターに物品を受取りに来てください。受取の際に物品借用書を提出してください。
 ※北部地域の学校については、北部研修所での受取も対応できる場合があります。希望される場合は、事前に御相談ください。

〔市町(組合)立学校の場合〕
①管理職から、物品の貸出しを希望する旨を市町(組合)教育委員会に連絡をしてください。
②市町(組合)教育委員会は、「物品借用承認申請書」をホームページからダウンロードし、文書作成(公印必要)の上、特別支援教育部あてに送付してください。
 ※記入例を参考に作成してください。
③センターから、物品借用許可書を市町(組合)教育委員会へ送付します。
 ※送付には数日かかります。御了承ください。
④「物品借用書」をダウンロードし、文書を作成してください。
⑤センターに物品を受取りに来てください。受取の際に物品借用書を提出してください。
 ※北部地域の学校については、北部研修所での受取も対応できる場合があります。希望される場合は、事前に御相談ください。

*記入例*物品借用承認申請書(pdf)
【様式】物品借用承認申請書(word)
【様式】物品借用書(word)

4 返却の手続き
①返却の前に、借用物品に破損や欠品がないか確認してください。
②貸出し期限内にセンター特別支援教育部に物品を返却してください。
③物品と引き換えに「物品借用書」を返却します。

※その他の機関への貸出しについては、特別支援教育部までお問い合わせください。


物品の簡易貸出し
文房具とマルチメディアデイジー図書については、上記の手続きを取ることなく物品の貸出しが可能です。
ただし、貸出し期間は概ね1か月としています。

<貸出し>
①特別支援教育部(TEL:075-612-2953)に、借用を希望する物品名、目的、期間をお伝えください。
②センター特別支援教育部の「簡易物品貸出物品簿」に必要事項を記入してください。その場で物品をお渡しします。
<返却>
①返却の前に、借用物品に破損や欠品がないか確認してください。
②貸出し期限内にセンター特別支援教育部に物品を返却してください。