京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
 研修講座報告 >>昨年度の研修講座報告はこちら
 研修講座の報告や受講者の感想等を掲載しています。講座の様子を知っていただき、今後の受講の参考にしてください。
 
118244
令和3年度研修講座報告
12
2021/08/06

初任者研修「中学校教科教育3」講座

| by 研修・支援部
 8月6日(金)に、初任者研修「中学校教科教育3」講座を実施しました。各教科では、講義・演習や模擬授業を通して、単元構想や指導と評価の工夫等について学びました。

    

【受講者の感想から】
◇単元設定、指導と評価の計画、授業の実践を考える上で何を指導して、どのように取り組ませ、どのように評価をするか、一貫性を持って考えると授業の在り方がおのずとわかってくると感じた。しかし、その部分が不十分であると一気に何のための授業か、時間か、課題か、がぼやけてしまい、教師が迷走してしまう。そこに生徒を巻き込むことで誰にもメリットのない時間が生まれてしまうことがよく分かった。しっかりと芯を持って「何を指導したいか」を持って学習指導にあたりたい。(国語科)
◇二学期に向けて評価規準や評価方法について改めて研究する必要があると考えた。特に「思判表」と「主体的に学習に取り組む態度」をはかる方法については新年度がスタートする前から考えてはいたが、なかなかうまくいかないのが現状である。その中で多くの振り返りシートや先生からの助言でただ振り返り(感想)を書くのではなく、単元を貫く問いを意識した、思判表の視点が無いと書けないふり返りシートも考えたいと思った。(社会科)
◇今回の講義を聞いて今後実践したいことが3つある。1つ目はAll English。学んでいてもそれを聞いたり、話したりする機会がないと必要性を感じられないからである。2つ目は本文を読んだ上で自分の意見や考えをまとめる活動。ただ内容を理解するだけでは生徒たちの思考力は身に付かないと思う。「自分なら」「自分は」を考えさせ、交流する時間を作りたい。3つ目はペア活動の目的をしっかりと伝えること。何を評価するための活動かが全く考えられていなかった。今後はこの3つを意識した授業を展開したいと思う。(外国語科)
19:00
2021/08/06

初任研「小学校総合的な学習の時間、外国語教育、情報教育」講座AB

| by 研修・支援部
7月21日(水)と8月6日(金)に、初任者研修「小学校総合的な学習の時間、外国語教育、情報教育」講座ABをそれぞれ実施しました。総合的な学習の時間や外国語教育について学び、情報教育では、京都教育大学附属桃山小学校を会場に1人1台タブレット端末を活用した授業づくりについて学びました。

   

【受講者の感想から】
◇情報活用能力が今後の社会では言語能力と同じくらい大切になってくる。ICT端末をこれからできるだけ活用していきたい。思考ツールを活用して考える力を育てていきたい。
◇外国語の授業では必然性のある言語活動の設定が大切であることを学んだ。そのためには目的・場面・状況が重要となり、繰り返し英語でのコミュニケーションができるような環境づくりが必要となる。教師も児童とともに、コミュニケーションを楽しむというスタンスで取り組んでいきたい。
◇総合的な学習の時間では、課題の設定、情報の収集、情報の整理・分析、まとめ・表現の4つのプロセスからできていることを学んだ。これから予測困難な時代を生きていくために、子どもたちが自ら課題を見付け、解決できる力を身に付けさせなければいけないと感じた。
19:00
2021/08/04

「指導と評価の一体化」を目指す小中外国語教育講座Ⅱ

| by 研修・支援部
 8月4日(水)に、「指導と評価の一体化」を目指す小中外国語教育講座Ⅱを実施しました。佛教大学の赤沢 真世 准教授による講義で、小中連携の視点から外国語活動や外国語教育の指導と評価について学びました。

  

【受講者の感想から】
◇つまずかないように助けるのではなく、つまずきを生かした指導をする。専科の立場として難しいと感じることもあるが、担任と連携をして、児童の発達に合わせた授業づくりをしていきたい。
◇ゴールの姿を意識して単元の流れを組み立てる。児童もゴールに向かって活動できるようにしていく。バックワードデザインを他教科でも取り入れたい。
◇言語活動における中間評価は大切である。特に、生徒へのフィードバックとして、A評価になる観点を中心にほめて伸ばすことの大切さを知ったので、実践に生かしていく。
19:00
2021/08/04

養護教諭講座

| by 研修・支援部
 8月4日(水)に養護教諭講座を実施しました。株式会社ナースハート 代表取締役の井上泰世様から、アンガーマネジメントについて学びました。新規採用者の養護教諭も交え、演習を通して活用方法を協議しました。

   

【受講者の感想から】
◇保健室に来る子は、さまざまな背景を抱えている子がいて、複雑でいろいろな思いを抱えているため、まずはとにかくゆっくり時間をかけてでも話を聞いて受け止める。そして、子どもがほっとできる落ち着けるような関係や環境を作っていけるようにしようと思う。
◇心肺蘇生トレーニングキットを使った実践をされているのを見て、話を聞くだけでは想像できずに、興味を持ってできない子どもが多いので、使用方法を学ぶために活用したいと思った。
◇アンガーマネジメントについて学び、何に対してや、怒るか怒らないかを決めたり、自分では変えられないことを受け入れたりすることで、自分の怒りを誰かに連鎖させないことを心がけたい。自分が変わることで相手も変わってくるということを忘れないようにしたい。
19:00
2021/08/03

6年目教員指導力向上講座

| by 研修・支援部
 7月30日(金)と8月3日(火)に、6年目教員指導力向上講座をそれぞれ実施しました。主体的・対話的で深い学びの視点から授業改善について考え、中堅期に向けた展望を持ちました。

  

【受講者の感想から】
◇これまで目の前の教材をこなすことに一生懸命になっていたことを反省した。教材をこなすことはもちろん、年度末の子どもがどのように成長しているかをまず考え、子どもたちにあったパフォーマンス課題を設定していきたい。(小学校)
◇パフォーマンス課題について考えるときに、教えている内容がどのように現実で使われているか、どのように活用することができるかということを授業者が説明できるかどうかで、生徒の興味・関心に大きな影響を与えることを改めて感じた。(中学校)
◇パフォーマンス課題を設定する場合でも普段の授業でも、必然性が大切であると思った。また、繰り返し行うことや類似の課題を与えることが重要である。(高等学校)
19:00
2021/07/30

初任者・新採者共通「京の伝統文化体験」

| by 研修・支援部
 7月27日(火)~30日(金)に、初任者・新規採用者研修共通「京の伝統文化体験」講座を実施しました。京都伝統工芸大学校の教授や学生の講義や、工芸作品の製作体験をさせていただきました。講義や体験を通して感じたことを研究協議で深め、伝統や文化を尊重することができる教育活動について学びました。

  

【受講者の感想から】
◇「私たちは未来がとても不安なんです。」という言葉に衝撃を受けた。「この体験はただ指導者に知識をつけるためでなく、日本の未来のために行っている。」とおっしゃったように、私たちの授業や発言によって後継者ができたり伝統を誇りに思う人が増えたり、本当に責任の重い職業だと改めて感じた。
◇伝統工芸や文化も視点を変え、地域性や教科内容から派生させることで、教育実践への十分な活用ができるのではないか。また、体験活動は教室での学び以上に感情表出があるので、上手く今後の指導に生かしていきたい。
◇どんな教材に関しても、こちらから「学びなさい」と子どもたちに押し付けてもよい学びにはならないことが分かった。子どもたちが自然と学びたいと思えるようにしかけるのがとても大切だと分かった。そして教師は、子どもたちから「やってみたい」という声が上がった時に対応できるように準備しなければいけない。
19:00
2021/07/27

育ちと学びをつなぐ幼児教育&生活科講座Ⅱ

| by 研修・支援部
 7月27日(火)に、育ちと学びをつなぐ幼児教育&生活科講座Ⅱを実施しました。武庫川女子大学 藤本 勇二 准教授の講義で、幼児理解に基づく質の高い保育の在り方や、生活科の指導に生かす方策について学びました。

   

【受講者の感想から】
◇「考えない教師は考えない子どもをつくる」という言葉に考えさせられ、続く「有能な学び手としての子ども観が問われている」という言葉が腑に落ちた。生活科の授業研究を通して有能な子どもの才能をより育てていく、子どもに負けない学び手になりたい。本研修の内容は、生活科の教科や小学校の校種に限定されることのない、教育の原点だった。
◇生活科の活動をグループで考えるにあたり、他校種の方と共に考える中でたくさんのヒントや取組例を聞くことができた。また、幼小接続における共通認識としての「育って欲しい姿」を生活科でどう実現していくかということも勉強になった。「子どものため」と言う言葉は、上から目線で発しているのではないか。子どもを理解するということは相手を尊敬し、相手から学び取ろうとする謙虚な精神であってこそ、という理念に心動かされた。
◇私たちに必要なのは、見たいように見て聞きたいように聞いているという確証バイアスを超えること。子どもは自分の関心事でなければ受け止めない。そのための指導技術として、音声化し、視覚化し、子どもに合わせて言葉を磨いていくことが大切である。そして、子どもを「見取る」視点を持つこと。環境によって子どもたちに学ばせている。だからこそ、子どもにとって切実な問題に出会わせることで自分事にしていくことが大切だと学んだ。
19:00
2021/07/26

新規採用者研修「養護教諭3」講座

| by 研修・支援部
 7月26日に新規採用者研修「養護教諭3」講座を実施しました。午前は京都府立医科大学小児科学教室の土屋邦彦先生から、食物アレルギーへの対応について講義いただきました。午後は京都府立桃山高等学校養護教諭の澤山美佐緒先生による講義と保健室訪問をし、保健室での実際の対応について学びました。

            

【受講者の感想から】
◇「学校給食における食物アレルギー対応の大原則」で学んだことについて、2学期からの食物アレルギー対応において生かしていきたい。安全性を最優先にしたうえで、できる限り給食を提供するために、養護教諭としてできることは何だろうと考えるきっかけになった。
◇教育相談や救急処置を行った際に、しっかりとその後のフォローをしていくことが生徒の為になると思った。自己管理能力を身につけるために、一緒に考え、生徒が自分で判断できるようにしていきたい。
◇エピペンを所持している生徒がいるので、緊急時の対応について担任を含めた関係職員に改めて確認し、対応を整えたい。救急車を呼ぶかどうか迷ってしまうこともあるが、困ったらすぐに要請し、生徒の命が助かるように日ごろから意識しておきたい。また、生徒の実態把握を的確に行い、必要な支援につなげていきたい。
19:00
2021/07/16

最先端科学から学ぶ講座

| by 総合教育センターサイト管理者
 6月24日(木)、京都大学大学院情報学研究科からオンラインによる「最先端科学から学ぶ講座」を実施しました。AI(人工知能)について、第一線の研究者の方から講義や実技演習をしていただき、最先端技術と実生活との関連を学んだり、探究の方法等をどのように授業に生かすかを考えたりする貴重な機会となりました。
 実技演習では、「Dialogflow ES を用いたスマートスピーカアプリの実装」と題して、自動音声対話アプリの作成方法について実演を交えながら教えていただきました。

 

【受講者の感想】
◇人工知能についての研究や教育とAIとの関わり、音声対話システムや視覚情報処理について最先端科学から学びを深めることができた。小学校の教育にどのように活かせるかを考えたとき、あまりに高度すぎる、と思う反面、実はその高度な研究のベースとなっているのは、基礎的なデータサイエンスや、算数、理科のデータ活用能力によって支えられていると思った。(小学校)
◇最新技術について考えるとき、それを理解するには、数学や理科などいろいろな教科の知識が必要であることがわかった。視野を広く持ち、これからの社会について生徒たちにも伝えたいと考えた。(中学校)
◇AIが今の社会でどのような位置付けとなっているのかなど、特に理数系の生徒に伝えたいと思った。また、探究学習などを通して知能や知性について考える時間を取りたいと思った。(高等学校)
◇Society5.0社会に向けた教育の進化が求められる。どういった人材を育てるのか、また生活の中でどのように活用していくのかを考える機会となった。特別支援学校においても児童生徒の実態に応じて、生活の中で活用の幅が広がるように学習の機会を保障していきたい。(特別支援学校)

19:00
2021/07/12

明日の授業を考える高校教育講座

| by 研修・支援部
 7月12日(月)に、明日の授業を考える高校教育講座を実施しました。株式会社リクルートまなび教育支援Division リクルートEd-tech総研所長 山下 真司 様の講義により、学習指導要領の趣旨を踏まえた、主体的な学びを育む学校づくりを目指した授業の在り方について学びました。

  

【受講者の感想より】
◇日本の現状と今後についてお示しいただき、危機感を強くもった。大船渡学について調べて自校の探究に生かしたい。
◇ワークショップを体験することで、主体性を育む授業とはどのようなものかを実感できた。特に疑問点を出し合うことが、主体性を育む授業の出発点という考えには、大変感銘を受けた。
◇何をどのように教え、どのような力を身に付けさせたいのかを、自分の中で明確にすることが大切だと感じた。

19:00
12