京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
 研修講座報告 >>昨年度の研修講座報告はこちら
 研修講座の報告や受講者の感想等を掲載しています。講座の様子を知っていただき、今後の受講の参考にしてください。
 
133516
令和4年度 研修講座報告
12
2022/06/16

新規採用者研修「幼稚園教諭2」講座等

| by 研修・支援部
 6月16日(木)に、新規採用者研修「幼稚園教諭2」講座を、「育ちと学びをつなぐ幼児教育&生活科講座Ⅰ」と合同で実施しました。鳴門教育大学の木下 光仁 教授の講義・演習から、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を基に、幼児教育と小学校入学後の教育について理解を深め、効果的な接続カリキュラムの活用について学びました。

  

【受講者の感想から】
◇こどもの遊びを言語化し、学びを探っていくことで、こどもの育ちを見つめていくことが大切である。人と人が関わる連携の機会を計画し、互いの教育課程に取り入れることが接続になることや、園でしている遊びや行事とからめて考えていくことで、もっとシンプルに取り組んでいけると学んだ。
◇「接続」と「連携」のどちらも大切にし、幼児期で中心に置かれている10の姿を小学校教師も知り、つなげる必要があると感じた。児童一人一人の言動や学びを具体的に捉えることで、次どんな課題や学びを設定すべきかみえてくる。学びを高めていき、つなげることが大切だと感じた。
◇幼児教育には、小学校教育のよりよい充実に向けてのヒントがたくさんあふれている。もっとみる機会、語り合う機会が増えていくと良いと思う。日常的に気付いたこと等を伝え合い、試したり、変えていくことができる職場環境も大事。人と人とのつながりを大事にしていきたい。
19:00
2022/06/14

中高社会科・地理歴史科・公民科教育講座

| by 研修・支援部
 6月14日(火)に、中高社会科・地理歴史科・公民科教育講座を実施しました。国立教育政策研究所の中嶋 則夫 教育課程調査官による講義・演習では、地理を題材に主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業構想について学びました。
            
【受講者の感想から】
◇目標を共有し、常に念頭に置きながら授業を展開することの重要性を再認識した。授業の中で、生徒が主体的に追究する場面を増やしていくために、目標の設定、ねらいから逆算して評価につながる授業内容を授業者自身が常に探究することが大切だと感じた。(中学校)
◇主体的な学びの視点として、「動機付け」や「方向付け」のための工夫の一つとして、「課題(問い)」の設定の重要性を再認識した。学年で社会科担当が一人という実態だとどうしても個人作業になりがち。改めて勤務校における教科部会の在り方について考えさせられた。(中学校)
◇「見方・考え方」を教師が教えるというより、生徒と共有しながら課題を解決するというように、授業のとらえ方を変える大切さを感じた。(高等学校)
19:00
2022/06/10

道徳科の授業実践力向上講座

| by 研修・支援部
 6月10日(金)に、道徳科の授業実践力向上講座を実施しました。四天王寺大学の杉中 康平教授の講義・演習から、教材を通した内容項目の取扱い方や発問の在り方について、模擬授業を踏まえながら学びました。

   

【受講者の感想から】
◇中心発問、補助発問の位置づけをそれぞれの学年の内容にあわせてじっくり考えていきたい。道徳的価値に関わる発問ができるように、教材を読むことではなく、発問を中心にすえた授業展開をすることを心掛けたい。
◇行動と言葉をつかんで心を問える発問をしていけるよう、発問を2~3問にしぼって深めていきたい。指導書は参考にしながらも自分自身が価値や内容項目をよく理解して、実態に合わせた発問の精選が行えるよう考えていきたい。
◇子どもたちの心、生き方、人生に関わる大切な学びをするため、内容項目を正しく理解し、実態に応じた授業を展開していきたい。互いに授業を見合いながら、発問などを学年団で話し合っていきたい。大変勉強になり、次の道徳の授業が楽しみになった。
19:00
2022/06/03

小中9年間で数学的な見方・考え方を育てる授業づくり講座

| by 研修・支援部
 6月3日(金)に、小中9年間で数学的な見方・考え方を育てる授業づくり講座を実施しました。国立教育政策研究所 笠井 健一教育課程調査官と水谷 尚人教育課程調査官による講義・演習を通して、算数科・数学科の授業の在り方について理解を深めました。
  
 
【受講者の感想から】
◇実際の算数科の授業の指導案を作成していく中で、児童の思考を想像し、つまずきを予想することで最適な手立てを考えられた。毎時間同じようにできなくても単元が始まる前には全体の構想として、こういう時間を確保していきたい。(小学校)
◇9年間中学校を見通してのそれぞれの授業づくりについての講義を聞き、改めてその学年でつけるべき理解させるべき力は、その学年のうちに身に付けさせることの大切さを感じた。その為にも、その単元を学習させる時に、各学年の系統図を確認しなければならないと思った。(小学校)
◇教え込む授業から子ども達どうしで解決させるように授業の組み立てを考えていきたい。その中で、どのように授業を組み立てて内容を広げていくのか、また、生徒がどのように考え、つまずいたりするのかもイメージして作っていきたいと感じた。(中学校)
19:00
2022/06/02

初任研「学級、ホームルーム経営・教育相談」講座等

| by 研修・支援部
 5月26日(木)と6月2日(木)に、初任者研修「学級、ホームルーム経営・教育相談」講座ab、新規採用者研修「養護教諭1」講座、「栄養教諭1」講座及び「実習助手2」講座を実施しました。学級、ホームルーム経営や教育相談の基本的な考え方や具体的な対応について学びました。

  

【受講者の感想から】
◇「人を大切にする」をモットーに全員の居場所があり温かい雰囲気があり、その中にも様々な仕掛けを入れながら、生徒の自治能力等の育成もしていきたい。(中学校)
◇保健室での様子を先生方としっかり共有しようと思った。養護教諭の立場を生かして生徒理解に努め、安心できる学校づくりに貢献したい。(養護教諭)
◇栄養教諭として給食の様子を日頃から丁寧に観察したり客観的にみられるからこそ気付ける部分を大切にしたい。また、不登校児童生徒にとって、給食が学校の魅力の一つとして言ってもらえるよう、献立作成等も頑張りたい。(栄養教諭)
◇他校種の先生方との交流を自分の立場にも置き換えて生かしていきたい。児童生徒理解のために聴くことの大切さと難しさを学んだ。相手に寄り添い様々なことを想像しながら聴くことを心がけたい。(実習助手)
19:00
2022/05/27

学力充実講座Ⅰ~学習評価の工夫改善~

| by 研修・支援部
 5月27日(金)に、学力充実講座Ⅰ~学習評価の工夫改善~をオンライン形式で実施しました。國學院大學の田村 学 教授の講義から、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた学習評価の具体について学びました。本講座は引き続き、第2回を令和5年1月31日(火)に実施します。


            

【受講者の感想から】
◇「令和の日本型学校教育」について理解を深め 、多くの教員が「生徒自身が思考し探究する学びの授業 」を展開できるよう人材育成に力を入れたい 。 特に『 インパクト・手立て(アイテム の活用)・ 手応え 』 の三つを中心に研修等を通して波及させ、授業づくりの楽しさや面白さを再発見してもらえるよう尽力したい 。
◇「何がわかった?」「それってどういうこと?」「深まったってどういう状態?」など、教師が生徒の言語化を促す適切な発問や助言を適宜していくことが必要だと感じた。今書かせている振り返りが、こちらの意図したものになっていないのは、 発問や助言がうまくできていないからではないかと感じた。
◇現場の授業では、知識を獲得させなければならないという目に見える部分が気になり、なかなか子どもを有能な学習者として授業展開できていないと振り返っていた。ではどうすれば、今陥っている現状から脱却できるかを考えると、知識の習得は必要で、その知識と知識を「つなぐこと」を意識した授業展開が大切なのではないかということに気付くことができた。
19:00
2022/05/26

新規採用者研修「幼稚園教諭1」講座

| by 研修・支援部
5月26日(木)に新規採用者研修「幼稚園教諭1」講座を実施しました。幼稚園教育の基本的な考え方と具体的な指導・支援の在り方について学びました。

   

【受講者の感想から】
◇「幼稚園、こども園は行き直すことができない。取り返しのつかない仕事に携わっている」ということばが印象に残った。こどもの人生の基礎に関わっていることの責任感を改めて感じた。幼児期の教育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであることを意識していきたい。
◇自分に余裕がなくなると否定的な言葉をかけてしまったり、子どもの思いを汲み取れなかったりすることもあると思う。肯定的な言葉を用いるなど、こどもがいきいきとできるような保育をしていきたい。
◇こどもたちをたくさん認めたりほめたりする中で、こども自身が自分は素敵な存在であると感じられるように保育していきたい。
19:00
2022/05/19

初任者研修「中学校教科教育1」講座

| by 研修・支援部
5月19日(木)に初任者研修「中学校教科教育1」講座を実施しました。各教科で、学習指導要領の趣旨を踏まえた教科指導の在り方や基本的な考え方について学びました。

           
           

【受講者の感想から】
◇生徒にとってわかりやすいようにと、つい俗語や本文にない叙述で説明してしまうことがあるので、生徒にとっての言語モデルとして、国語科教員として適切な言葉を使用したい。教材のことばや叙述を大切に授業を行いたい。(国語科)
◇地理的分野の「世界の諸地域」の単元では、小単元の目標を柱としながら、土台として中項目である世界の諸地域の単元目標を捉えた授業実践に挑戦してみたい。(社会科)
◇授業をするにあたり、単元全体の見通しをもつことが大切だと感じた。再度生徒のために明確なビジョンをもとうと思った。生徒との日々の会話を大切にして、小さな変化や気付きを見逃さないことで関係を築くことができると思った。(理科)
◇技術科であるため校内に授業づくりについて相談できる相手がいないと思っていたが、他の教科の教員と交流する中で、様々な発想が生まれるということがわかった。今後の授業づくりで実践していきたい。(技術科)
19:00
2022/05/19

初任者研修「小学校教科教育1」講座

| by 研修・支援部
5月12日(木)と5月19日(木)に初任者研修「小学校教科教育1」講座A、Bを実施しました。今後の講座について見通しをもち、自身の課題を設定しました。また国語科及び算数科における学習指導要領の趣旨を踏まえた学習指導の基本的事項について学びました。

           

           

【受講者の感想から】
◇学習指導要領は大まかな指標と考えていたが、授業の方向性や指導の在り方、評価の仕方を考える基礎となることがわかった。児童の実態を把握したうえでどんな能力を付けてほしいのかを明確にし、ねらいに沿った評価をしていきたい。
◇説明させることがすごく大切なことだと思った。説明の手順や自分が問題を解くための見通しをもち、なぜそうなったのか道筋を立てることが必要。インプットしたことをアウトプットさせることで定着や活用につなげたい。
◇算数科においては、より児童に身近なものから数学的な見方・考え方を働かせた授業づくりを目指したい。国語科においては、語彙を増やすために、教師が意欲的に言葉を発して、児童の身の回りが新しい語彙であふれるようにしたい。目標と評価を合わせ、指導があっての評価ということを大切にする。
19:00
2022/05/12

初任者研修「高等学校教科教育1」講座

| by 研修・支援部
5月12日(木)に初任者研修「高等学校教科教育1」講座を実施しました。各教科で、学習指導要領の趣旨を踏まえた教科指導の在り方や基本的な考え方について学びました。

            
            

【受講者の感想から】
◇学習指導要領を読むことを授業準備の際に行い、生徒に何を考えさせるべきかを理解した上で、授業に臨む。知識を教えるのではなく、知識を使う授業や試験をつくっていきたい。(地理歴史科、公民科)
◇高校では勤務していると他の校種の学校に意識が向いていませんでしたが、小学校や中学校の教育にも目を向け、つながりを大切にし、高校での学びがより深くなるように授業していきたい。(外国語科)
◇これからは小中学校でプログラミング教育を受けてきた生徒が入学してくるため、高校でもそれに対応した指導をしていく必要がある。情報科だけでなく、各教科で工夫しプログラミング的思考を身に付けさせることが重要だと分かった。(理科)
◇教育課程を他の教科の先生方と紹介し合い、様々な学校・生徒がいるのだと改めて感じた。今後複数の学校に勤務することも考え、研修を通して様々な学校の先生方から情報をいただき、授業スタイルを考えることができるようにしたい。(音楽科)
19:00
12