京都府総合教育センター ITEC Information Technology Education Center 
研修講座教育コンテンツ研究特別支援教育教育相談センター紹介関連Webサイト

 
 研修講座報告 >>昨年度の研修講座報告はこちら
 研修講座の報告や受講者の感想等を掲載しています。講座の様子を知っていただき、今後の受講の参考にしてください。
 
75873
平成30年度 研修講座報告
12345
2019/01/31

初任者・新規採用者研修等共通「教育実践」講座

| by 研修・支援部
 1月31日(木)に、初任者・新規採用者研修等共通「教育実践」講座を実施しました。初任者研修・新規採用者研修のまとめとして、1年間の学びを5人の先生方から発表いただきました。実践発表から、勤務校研修、センター等研修を通じて、大きく成長している姿をうかがうことができました。
    
【受講者の感想】
・自分が取り組んできた「教科指導」「学級経営」「教職員しての心構え」を振り返ることで良い所と改善しなければならない所を見つめ直すことができました。また、四月当初の気持ちも思い出すことができ、その新鮮な気持ち(初心)を忘れずに、今後も頑張っていこうと決心することができました。(小学校教諭)
同じ初任者の先生方の教育実践を聞き、課題をしっかり設定し、それに向かって取り組むことが重要であると改めて感じました。1年間の初任者研修を終えようとしている今、2年目に向けてさらに力をつけていかなければならないと思いました。センター研修や勤務校研修などで学んできたことを生かし、教育活動を展開していきたいと強く思います。(中学校教諭)
・1年間を振り返ったときに、自分ができたこともあったが、まだまだ未熟でやらなければいけないことが明確になりました。生徒の人生に関われる喜びと責任を胸に、自分のなりたい教員像を目指して挑戦と努力を続けて行きたいと思います。(高等学校教諭)
・ある実践発表の中で、「①社会で起きていることと学んでいることのリンク」「②生徒が考える時間」「③自分の意見をもち表現」「④互いを受け入れる環境」がポイントだと話されていました。これは特別支援学校でも同じであり、社会の中にある自分に身近な題材を選び、子どもたちが考え、意見や気持ちを表現できる授業を行いたいと思いました。また、授業だけでなく、学校生活全体で子どもたちが安心安全に過ごすために環境を整えることも大切だと学びました。(特別支援学校教諭)
・自分の実践を発表し、他の先生方と交流することで、改めて自分の実践を振り返り深い学びとなりました。担任する年齢によって指導の方法は違ってくるが、「生涯にわたる人格形成を培うために環境を通して指導するという部分は同じである」という認識を深めることができました。(幼稚園)
13:56
2019/01/21

京都府学力診断テスト(中学校2年)活用講座

| by 研修・支援部
 1月18日(金)及び21日(月)に京都府学力診断テスト(中学校2年)活用講座を実施しました。
 今年度10月に実施した京都府学力診断テスト(中学校2年)の結果から見える学力の傾向をお伝えするとともに、問題文に込められたメッセージの解説を行いました。また、質問紙の結果から見える傾向の説明も併せて行いました。その後、具体的な実践事例の発表をもとに、授業改善の方策について考えました。本講座の内容を各校の学力分析や授業改善に是非つなげていただきたいと考えます。
  
【受講者の感想】
・実践発表では、生徒が取り組みたいと思える課題設定や、実際に取り組んだ後の意欲につながる評価をされており、参考になることが多くありました。バリエーション豊かな課題や3年間を見通した学習が、学力向上につながっていると感じました。(国語科担当教諭)
・中学校1年生の時と2年生の時を比較し分析することで、生徒がどのような場面でつまずいているのかよく分かりました。講義や研究協議を通じて、詳しい分析の内容や分析の仕方を知ることができ、大変参考になりました。(数学科担当教諭)
・質問紙調査を分析した講義を受けて、府の平均と本校の平均を比較し、生徒の得意な分野、苦手な分野をそれぞれどのように伸ばしていくかということを改めて考えることができました。(英語科担当教諭)
08:42
2018/12/27

2年目教員「ステップアップ3」講座

| by 研修・支援部
 12月25日(火)及び27日(木)に2年目教員「ステップアップ3」講座を実施しました。2年目教員として、自らテーマを設定し、取り組んだ授業実践を報告しました。その後、ディスカッションを通じて個々が設定したテーマを振り返り、3年目に向けての展望をもちました。1年目の時と比べて、力強く自分の実践を語る受講者の姿からは、様々な課題に直面しながらも、真摯に取り組み、多くの学びをつかみ取るべく奮闘されていた様子がうかがえました。
  
【受講者の感想】
・ディスカッションを通じて、自分では気付けていない視点をもつことができました。これからも積極的に周りの先生から意見などをいただき、自分の実践に生かしていきたいです。(小学校教諭)
・今後取り組むべき課題に優先順位をつけ、授業に積極的に参加する生徒を育てることを目標としました。授業に積極的に参加する形として、発言だけでなく、プリントへの記述やネームプレートの活用など様々な方法があるということを知りました。(中学校教諭)
・短期的な目標をもつことも必要ですが、5年、10年先もしっかり見据えておくことも大切だと思いました。ICTの活用については、現状の方法だけに満足せず、新たな活用方法がないかを考え、実践していく姿勢をもつようにしたいと思います。(高等学校教諭)
・今回の研修で、一緒に2年間研修をした先生達の成長ぶりに驚きました。毎日の授業や生徒を見ること、保護者との関わりなどで学ぶことが多かったです。勉強していくことばかりですが、一つずつ積み重ねていきたいです。(支援学校教諭)


14:01
2018/12/14

学校組織力パワーアップ講座Ⅲ

| by 地域教育支援部

1214日(金)に北部研修所において、学校組織力パワーアップ講座Ⅲを開催しました。シリーズ3回目の今回は、校長先生方を対象に講座を開催しました。

前半は、文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室の山田泰造室長をお迎えし「大学入学者選抜改革の動向について」と題してご講義いただきました。

高大接続の近年の動きについては、知識基盤社会の中で新たな価値を創造していく力の育成を重視し、新学習指導要領の趣旨と合わせて、改革を進めていることを説明していただきました。その上で、大学入試がどのように変わってくのかを具体例を提示してもらいながら教えていただき、たくさんの学びがありました。

後半は、福井大学大学院教育学研究科の松木健一教授をお迎えし「児童生徒を理解するとは」と題してご講義いただきました。

少子高齢社会、人生100年時代といわれる中で、人の一生の中で学び続ける必要があったり、社会の中で役割が大きく変わっていったりする視点を示されました。社会がどのように変わっていくのかを把握した上で児童生徒を理解することが必要であることを学びました。

 


【受講者の感想】

・「大学入学者選抜改革について」といった国の大きな方針について、文部科学省の考えを直接聞くことができてとても良かった。勤務校で説明したいと思います。教師にとって大切なことは何かを考え直すよい機会となりました。(小学校)

・「子ども理解はまず、教師自身が自分を理解し、社会状況の変化を理解しなければならない。」に納得しました。現場や自分の置かれた立場に近い内容を分かりやすく伝えていただき、なぜ今この力が大切なのかすっきりと理解できました。(小学校)

・学力の3要素の育成は、時代が変わろうともそれに対応する社会で自立して生きていくために必要なことであることが分かった。学びを測定する大学入試は、学力の3要素を原点とすることがよく分かった。(中学校)


13:22
2018/12/07

中高美術発展講座

| by 地域教育支援部

 12日(金)に北部研修所において、中高美術発展講座を開催しました。

日本体育大学の奥村高明教授をお迎えし「美術の学び」と「美術の評価」について演習を交えながらご講義いただきました。
 美術の学びについて考察し理解を深めるとともに、ルーブリックを活用した指導と評価やパフォーマンス評価、ポートフォリオ評価などについて、利点や留意点を学び、授業改善の方策を考えました。
 子どもが本来持っている意味や価値を生み出す力や、美術の学びで付けていく力、どのように社会と繋がっていくか、企業が期待するアートの効果、周りの子どもや教師との関わりなどについて、豊富な資料と講義で学びました。さらに演習を通して互いの見方や感じ方の違いを知り、見る視点を増やしていくことの楽しさや大切さに気付くことができました。
 身に付けさせたい資質・能力から授業を組み立て、何ができるようになったのか子ども自身が自覚できること、認め励ます教師の存在、学習評価の在り方、主体的に問いを持ち、対話によって発展させることで、本質的な問いを追究していく事例なども学びました。


 
【受講者の感想】

・無駄のない、意味のある授業内容に精選していくこと、これは美術に限らず教育全体にいえることだと感じました。
・概念的理解、思考力を導く方法を工夫したいです。
・評価方法を変えることで、生徒の資質・能力の伸びにどのような変化があるのか、省みたいと思いました。何より生徒の能力を認め、励ますことが重要だと感じました。

15:09
12345