京都府文化財建造物修理現場公開2015


京都府文化財建造物修理現場公開2015


 

「継承-この一刻が歴史となる-



京都市内6箇所の修理現場を一挙大公開!
 京都府教育委員会では、文化財建造物に対する理解を広く深めることを目的に、平成19年度から毎年、修理現場の公開を実施しています。建設当時の先人達の仕事、建物の歴史、修理の方法などを見ていただける機会を、無料で提供します。
文化財建造物は、数十年から数百年の周期を修理を行うことで、長い年月にわたり守り伝えられています。
今回公開する6現場の文化財建造物を、足場の上から間近に見られるのは、今この時しかありません!
多くの方のご来場を心よりお待ちしています。


                                   

                                                       

チラシはこちらからダウンロードできます。(JPGファイル)
 表面     
  裏面
  



以下のとおり、平成27年度の文化財建造物修理現場公開を行います。

 公開の概要
 (1)平成271030日(金) 【事前申込必要】
   1日4回 120名程度(知恩院のみ、150名程度) 9:3011:0013:3015:00

    重要文化財 賀茂(かも)御祖(みおや)神社(下鴨神社) ()御所(ごしょ) [京都市左京区

    国   宝 観智院 客殿 [京都市南区

    重要文化財 旧三井家下鴨別邸 主屋 [京都市左京区]

    重要文化財 清水寺 轟門(とどろきもん)ほか [京都市東山区]

    国   宝 知恩院 御影(みえい)堂(本堂) [京都市東山区]

(2)平成271031日・11月1日(土・日) 【事前申込不要 10:00-16:00 

⑥ 重要文化財 仁和寺 観音堂 [京都市右京区]

2 参加方法

 (1)平成271030日(金)の事前申込制公開について


   《応募方法》ハガキに①~③にをご記入の上、以下の宛先までご送付ください。
     ①見学を希望される現場名・時間帯
     ②参加者全員の氏名
     ③代表者の郵便番号・住所・氏名
   《応募締切》平成年10月7日(水) 当日消印有効
   《応募締切》〒602-8570(住所省略可) 京都府教育庁指導部文化財保護課
    *応募はハガキ1枚につき、4名までとさせていただきます。
     また、見学先もハガキ1枚につき公開現場1カ所、時間帯1枠のみとなっております。
     複数の現場の見学を希望される場合には、別途ハガキをご送付ください。
    *応募者多数の場合は抽選を行います。当選者の発表は「参加証」の発送をもって代えさせていただきます。
     予めご了承ください。
    *当日の集合場所などは、「参加証」にてお知らせします。(10月16日頃発送予定)
    *往復ハガキである必要はありません。52円の通常ハガキをご使用ください。
 

 (2)平成271031日・11月1日(土・日)の公開について

      事前申込は不要ですが、来場者多数の場合は、入場をお待ちいただくことがあります。
    また、傷害保険加入のため、入場時に氏名の記入をお願いいたします(保険手続き以外には使用しません)。
 

3 その他
  ・動きやすい服装・履物でご来場ください。
  ・修理現場内では、係員の指示に従ってください。

  ・修理現場への入場料は無料ですが、境内を拝観する際には別途拝観料が必要となる場合があります。


 


 

文化財建造物修理現場公開2014のお知らせ(終了しました)

 京都府文化財建造物修理現場公開2014 事前申込分(平成261031日 清水寺・仁和寺・旧三井家下鴨別邸)については、10月8日の消印をもって申込みを締め切りました。

 工事現場につき、公開するそれぞれの現場で一度に入場できる人数を設定させていただきましたところ、定員280名(1日4回・3箇所、)に対し、延べ928名(538

通)の非常に多数のご応募をいただきました。
 定員を超過した回につきましては、厳正なる抽選を行い当選者を決定いたしました。

 当選された方には、当日の集合場所・注意事項等を記載した参加証を、残念ながら落選となった方には落選の通知を、1020日に発送させていただきます。

 なお、消印が10月9日以降の応募はがき、見学希望現場名が記載されていない応募はがきは、無効とさせていただきました。御了承ください。


 また、11月1・2日(土・日)の国宝知恩院本堂(御影堂)の修理現場公開につきましては、事前申込は不要です。10:0016:00まで、御入場いただけます。皆さまのお越しを心からお待ち申し上げます。

 

見学・公開について

安全上の問題があるため、特別に公開事業等を行う場合を除いて、保存修理現場の見学は御遠慮いただいております。