京都府教育庁指導部文化財保護課  Cultural Properties Division, Kyoto Prefectural Board of Education
 
文化財建造物の保存修理

 国宝 清水寺本堂ほか8棟 保存修理事業

 

清水寺の概要

清水寺伽藍 遠景

 清水寺は、宝亀9年(778)に大和国の僧賢心(のちに延鎮)が音羽の滝に至って草庵を営み、これに帰依した坂上田村麻呂が延暦17年(798)に仏殿を建立して千手観音像を安置したのをはじまりと伝え、平安時代から観音霊場として広く篤い信仰を集めています。
 境内の建物は、康平6年(1063)の火災で全山を焼失したのを最初に、焼失と再建とを繰り返してきました。現在の建物は、文明元年(1469)の戦火後に再建されたもの[馬駐・仁王門・鐘楼・子安塔]と、寛永6年(1629)の火災後に、徳川家光の命により寛永8年から10年にかけて再建されたもの[本堂・西門・三重塔・経堂・田村堂・朝倉堂・轟門・本坊北総門・鎮守堂(春日社)・釈迦堂・阿弥陀堂・奥院]が基本となります。このうち本堂が国宝に、ほかの15棟が重要文化財に指定されています。
 

修理の概要

 平成20年度から実施している今回の事業では、国宝本堂のほか、重要文化財8棟の修理をあわせて行っています。事業は平成32年度まで続く予定です。
 これまでに、馬駐、北総門、子安塔、轟門、阿弥陀堂、奥院の7棟の修理が完了しています。現在は本堂と釈迦堂の修理を行っています。

※本堂の参拝や舞台上への立ち入りは、これまでと変わりなく行えます。

本堂の修理
本堂の修理状況
釈迦堂の修理状況
その他の建物の修理