京都府教育庁指導部文化財保護課  Cultural Properties Division, Kyoto Prefectural Board of Education
 
文化財建造物の保存修理

 本隆寺本堂ほか2棟 保存修理事業

 

本隆寺の概要

 本隆寺は、日蓮門下諸宗の一つである法華宗真門流の総本山で、慧光無量算本妙興隆寺と号し、略して慧光山本隆寺と称します。五辻通りに面して南向きに正門を構え、西陣の家並みに囲まれた土地に、本山及び八つの塔頭が伽藍を形成しています。
 創建は長享2年(1488)、妙本寺(現在の妙顕寺)の日具から弟子日真が分かれたことに始まります。翌3年(1489)には、京都四条大宮に堂宇が建立されますが、天文5年(1536)、天文法華の乱により、堂宇が焼失、天文11年(1542)に至って、現在の寺地の西隣付近に寺院を復興しました。その後、天正12年(1584)、豊臣秀吉による聚楽第造営に伴い、現在の地に移転しました。

 本堂及び祖師堂は、西陣一帯を焼き尽くした享保15年(1730)の「西陣焼け」や京都で発生した史上最大規模の火災と言われる天明8年(1788)の「団栗焼け」など幾多の火災から奇跡的に焼け残り、人々からは「焼けずの寺」の異名で親しまれました。
 

修理事業の概要

 平成28年度から実施している今回の事業では、重要文化財の本堂と祖師堂及び附廊下の修理を行います。事業は、令和9年度まで続く予定です。
 令和5年度までは、本堂の工事を進めています。その後、祖師堂の修理を行います。
 

本堂修理の概要

建物の概要

 本堂は、三宝尊(題目宝塔・釈迦如来・多宝如来)を本尊とするお堂で、明暦3年(1657)に上棟しました。桁行21.6メートル、梁間18.8メートル、入母屋造、本瓦葺の建物で、洛中における日蓮諸宗本山寺院の中では、最古の遺例です。七間堂の規模を有し、平面は内陣・外陣・脇陣で構成され、内陣中央に須弥壇、両脇に宮殿を据えた脇壇が置かれます。今回は建立以来、初めての根本修理になります。

本堂 修理前外観

本堂 修理前内観


修理の概要

 修理前は、小屋組の傾斜が進行し、軒廻りは経年の屋根荷重によって大きく乱れていました。また、小屋梁には腐朽が確認されていました。以上の状況から、半解体修理として工事を実施中で、木部解体を終えた現在は、小屋材・軒廻り材の補修等を進めています。
 令和元年度は、補修の完了した部材から順次組立を行います。また並行して向拝基礎建設や桟唐戸等の建具補修も実施しています。

本堂 小屋梁架構


修理の経過

平成28年度~ 素屋根建設
        屋根瓦降し
        木部解体
        彩色養生・剥落止め(~30年度)
平成29年度~ 木部解体・補修(~30年度)
        亀腹こそげ等
        耐震診断
平成30年度  小屋梁取替・鉄骨補強
        土壁解体
令和元年度~ 木部補修・組立(~4年度)
        敷石等解体・基礎建設

今後の予定

令和2年度  耐震補強
令和3年度~ 屋根瓦葺き(~4年度)
令和4年度  土壁・亀腹塗替等
       塗装塗直し
       素屋根解体
令和5年度  須弥壇・脇壇漆塗直し等
       周辺整備