京都府教育庁指導部文化財保護課  Cultural Properties Division, Kyoto Prefectural Board of Education
 

建造物修理現場公開

 

修理現場の見学について

安全上の問題があるため、特別に公開事業等を行う場合を除いて、保存修理現場の見学は御遠慮いただいております。
 

京都府文化財建造物修理現場公開2019<終了>

京都府文化財建造物修理現場公開2019 <終了しました>
「 時を経て 今再び 」


 萬福寺の修理現場において、伽藍堂・鐘楼・松隠堂庫裏をめぐるミニツアーを実施します。
  日時 11月2日(土)・3日(日・祝)11:00~ 14:00~(所要時間45分程度)
  定員 各回 先着20名 
  受付 萬福寺法堂前(修理現場公開の受付)

 京都府教育委員会では、文化財建造物に対する理解を広く深めることを目的に、毎年11月の文化財保護強調週間にあわせて修理現場の公開を実施しています。

 文化財建造物は、数十年から数百年の周期で修理を行うことで長い年月にわたり守り伝えられています。建物の経てきた歴史に真摯に向き合い、未来へと受け継ぐべきその姿をしっかりと見据えて行われる修理の現場を、間近にご覧ください!

 多くの方のご来場を、心よりお待ちしています。

チラシ表チラシ裏
※画像をクリックするとPDFファイル(表・裏の両面)が開きます。

1 公開の概要

 (1) 令和元年11月1日(金)【事前申込必要】

  1日4回 9:30/11:00/13:30/15:00 各回 20名程度

  ■ 本隆寺 本堂【重要文化財】(京都市上京区)

  ■ 養源院 中門【重要文化財】(京都市東山区)

  ■ 東福寺常楽庵 客殿(普門院)【重要文化財】(京都市東山区)
  ■ 妙心寺 小方丈【重要文化財】(京都市右京区)
   ★  見学無料 です。
 
 (2) 令和元年11月2日(土)・3日(日・祝)【事前申込不要】

  10:00-16:00

  ■ 萬福寺 法堂【重要文化財】(宇治市)
   ★ 萬福寺は、両日とも 見学・拝観無料 です。

   ★ 職人さんによる実演や、伝統技術の体験コーナーもあり!★
   
2 参加方法

 (1) 本隆寺・養源院・東福寺常楽庵・妙心寺の公開について

  <応募締切>

   令和元年10月17日(木)17時必着

  <応募方法>

   ページ下部の応募フォームから申し込みいただくか、
   以下の①~③を用紙に記入し、封書にて郵送してください(はがき可)。

   ①見学希望現場名及び希望時間帯(各第2希望まで)
   ②見学参加者全員の氏名(4名まで)

   ③代表者の郵便番号、住所、氏名、電話番号

    【郵送先】〒602-8570(住所省略可)京都府教育庁指導部文化財保護課
   ※個人情報は文化財保護課にて厳重に管理し、参加の可否の通知以外の目的では使用いたしません。


  <注意事項>
   ・応募は1個人(グループ)1回とし、多数の場合は、第1希望の修理現場・時間帯で抽選を行います。
   ・各回の希望者が定員に満たない場合は、第1希望で落選された方を優先して、順次抽選を行います。
   ・希望状況により、第1・第2希望とも当選又は落選される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
   ・参加の可否は、申込代表者に通知します。
   ・集合場所などは「参加証」にてお知らせします。(10月21日頃発送予定)


 (2) 萬福寺の公開について

  事前申込不要ですが、来場者多数の場合には入場をお待ちいただくことがあります。


3 その他

  ・各修理現場の見学ルートには、階段・傾斜面がありますので、動きやすい服装・履物でご来場ください。
  ・見学時には、現場で用意するヘルメットの着用が必要です。
  ・修理現場内では、係員の指示に従ってください。
  ・安全上の理由により、見学をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。



 

 

登録フォーム

現在、登録業務を停止しています。