京都府教育庁指導部文化財保護課  Cultural Properties Division, Kyoto Prefectural Board of Education
 

京都府暫定登録文化財

 
 近年、国内各地で地震・水害・火災等の災害が頻発し、文化財の破損・劣化・散逸の危険性が高まっています。
 京都府では、貴重な文化財の早期保護を図るため、平成29年4月から「暫定登録文化財」の制度を創設し、文化財保護の裾野を広げ、修復・保存・防災等のための補助を行います。
 
お知らせ

第1回の京都府暫定登録文化財を登録しました(平成29年8月21日)。

区分暫定登録数
有形文化財(建造物)200
有形文化財(美術工芸品)213
有形民俗文化財13
記念物(史跡、名勝)8
合計434
 
制度の概要
平成29年度から
府指定文化財
府登録文化財
府暫定登録文化財
府の未指定文化財
 
 
平成28年度まで
府指定文化財
府登録文化財
府の未指定文化財
 
府にとって重要な文化財
府の歴史、文化又は自然を理解し、その地域の特性を考えるために必要な文化財
府暫定登録文化財は、一定の価値を有し、府指定又は府登録の基準を満たす可能性があるもの
 
府暫定登録文化財への補助
保存・修理
 保存・修理に対し、
 事業費の1/3を補助します。
  • 破損個所の修理
  • 防災設備用の設置
維持管理
 維持管理に対し、
 事業費の1/2を補助します。
  • 消防設備等の保守点検
  • 小修理 等
防災資機材
 防災資機材に対し、
 事業費の2/3を補助します。
  • 消火器
  • 収蔵箱 等
 
制度の案内
 
参考情報