京都府教育庁指導部文化財保護課  Cultural Properties Division, Kyoto Prefectural Board of Education
 

福知山市毛原の棚田景観


 選定年月日 平成20年3月21日
 面積 約105ha
 選定区域 福知山市大江町毛原の一部
 地図 こちら(京都府・市町村共同GIS)のページへ
 選定理由

 農林水産業に係る景観地



 毛原の棚田景観 毛原の棚田景観
  
 毛原の棚田景観 毛原の棚田景観
  

 


 

 福知山市大江町毛原は、大江山南麓の集落で、傾斜地を利用して大小不規則な棚田約600枚が営まれています。
 集落は、北の標高約
480mの空山(そらやま)と東・西側をその枝尾根に抱かれるようにあり、水源として周囲の山林と棚田が一体として管理され、良好な棚田景観を残しています。平成19年には、「丹後天橋立大江山国定公園」の指定が行われ、毛原地区もその一部となり、自然公園法においても景観保全が図られています。

 毛原の集落に入る三叉路には、「右ふけん 左なりあい」と刻まれた道標があり、宮津に向かう古道である元普甲道(もとふこうみち)と、近世に開削された今普甲道の分岐点にあたります。元普甲道沿いの毛原峠には「袈裟(けさ)切り地蔵」、集落内には「化粧地蔵」、背後の山中には「岩神さん」と呼ぶ石座(いわくら)など地域の歴史を物語る文化財も残っています。
 このように、選定地域内は、良好な棚田景観とともに、地域の歴史が刻まれた貴重な文化的景観といえます。
(平成20年1月24日 京都府景観資産に登録)

 

【関連ページ】
京都府景観資産
福知山市