図書館の「館内配置図」と「利用の手引き」


                 
 

図書館だより


図書館だよりを発行しました!各号のファイル名をクリックしてご覧ください。





図書館だより8月号.pdf
       図書館だより10月号.pdf
第1号
第2号
第3号
第4号                  第5号

 
     
第6号 第7号
  
  
 

作家さんアンケートへのお礼

図書委員会で、作家の先生方にアンケートのお礼状と書道部がしたためた栞を送りました!
昨年、図書委員会の読書月間イベントでアンケートに回答いただいた8名の作家さんにお礼状を送りました。お礼状に加え、御回答を掲載した図書委員会だより“BOOK TALK”と綾部高校の学校案内、また、本校書道部がしたためた作家さんの“座右の銘”を栞にしたものをあわせてお送りしました。
浅井美紀先生、いぬじゅん先生、椎名チカ先生、白鳥士郎先生、故菅野仁先生・奥様、二宮敦人先生、箕輪厚介先生、矢部太郎先生、お忙しい中お時間を割いていただき本当にありがとうございました。また、出版社や関係者の皆様、本校委員会活動に御協力いただきありがとうございました。
 

ブックトーク読書月間特別号③

図書館より「ブックトーク読書月間特別号③」をアップしました!

 

ブックトーク読書月間特別号②

図書館より「ブックトーク読書月間特別号②」をアップしました!

 

ブックトーク読書月間特別号①

図書館より「ブックトーク読書月間特別号①」をアップしました!


 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報⑦

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報⑦いぬじゅん先生からお返事を頂きました!

本校図書委員会からアンケートをお願いしたいぬじゅん先生からお返事が届きました!
いぬじゅん先生は静岡在住の方で、福祉関係のお仕事をしながら青春・ミステリー・恋愛・仕事小説など様々な小説を書かれている作家の方です。2012年にケータイ小説投稿サイトで掲載された作品『いつか、眠りにつく日』で第8回日本ケータイ小説大賞・進研ゼミ中学講座賞(2014年)を受賞されました。
書籍化された本作『いつか、眠りにつく日』(スターツ出版、2014年)は、修学旅行中の事故で命を落とした女子高校生が“あっちの世界”に行くために、案内人・クロと未練を残した3人の人間に会いに行くというお話です。3人の中でも片想いの相手になかなか会いにいけず、ようやく彼と再会を果たした直後に驚きの展開が!!という泣ける急展開のラストが話題を呼び、2016年には文庫化されました。本校図書館にも所蔵していますので、ぜひ手に取ってみてください。
他にもご自身のお仕事を題材にされた『新卒ですが、介護の相談うけたまわります』(メゾン文庫、一迅社、2018年)なども手掛けられています。こちらも図書館に入る予定です。
いぬじゅん先生、お忙しい中アンケートにお答えいただいたうえに、登場人物のイメージイラストやメッセージ、サイン色紙まで送っていただき、本当にありがとうございました!

 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報⑥

読書月間2018イベント"作家さんへのアンケート”速報⑥椎名チカ先生からお返事を頂きました!
『37.5℃の涙』の椎名チカ先生からお返事が届きました!
 椎名先生は現在、病児保育をテーマにした漫画『37.5℃の涙 1~14巻』(Cheese!フラワーコミックス、小学館、2014~)を描かれています。本校図書館では、病児保育士を目指す生徒からのリクエストをきっかけにこの本を購入しました。
 皆さん、“病児保育”という言葉は聞いたことがありますか?
 仕事をしている親御さんの場合、小さなお子さんは保育園に預けていることが多いと思います。しかし子どもが37.5℃以上の熱を出したり、感染症にかかってしまうと保育園に預けることはできません。近くに頼れる人がいなければ、仕事を休んで親が看病するしかありませんが、いつでも何度でも子どものために休みが取れるような会社は多くないのが現状です。そんな時に親御さんに代わって子どもを見守り、適切なケアを行うのが“病児保育”です。
椎名チカさんは病児保育を行っているNPO法人をモデルに、『37.5℃の涙』という病児保育士の女性を主人公にした漫画を描かれています。2015年には蓮佛美沙子さん主演でドラマ化、2017年には第62回小学館漫画賞の少女向け部門を受賞されました。訪問型病児保育やワンオペ育児、ひとり親家庭や虐待などを取り上げながらも、恋に仕事に悩む等身大の女性“桃子”を描いた漫画は本校でも大人気です。
椎名チカ先生、お忙しい中アンケートに答えて頂き、直筆の“桃子”イラストまで送ってくださり、本当にありがとうございます!!

 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報⑤

読書月間2018イベント“速報!矢部太郎先生からお返事を頂きました!
皆さん、なんと矢部太郎先生からお返事が届きましたっ!
図書館でも手に取る人が多かったコミックエッセイ『大家さんと僕』の作者の方です。
吉本興業に所属するお笑いコンビ“カラテカ”の矢部さんとして覚えている人もいると思います。昨年10月に初めて出版されたコミックエッセイ『大家さんと僕』(新潮社、2017年)が累計18万部超を記録するベストセラーとなり、2018年6月には第22回「手塚治虫文化賞 短編賞」を受賞されました。
元々は、矢部さんと大家さんが一緒にいるところを偶然見かけた漫画原作者の方に、色々なエピソードを話したことがきっかけで漫画家デビューされたそうです。その漫画原作者の方に頼まれて描いた脚本用の絵コンテが「面白い!」と絶賛され、そのまま雑誌『週刊新潮』に掲載されることになりました。雑誌連載時からすでに評判だった『大家さんと僕』、上品ながらも時に舌鋒鋭く時に可愛らしい大家さんと下宿人だけれどお友達のような、お孫さんのような優しい矢部さんのエピソード一つ一つが味わい深く、素敵なお話になっています。未読の方はぜひ一度読んでみてください。
矢部先生、お忙しい中アンケートにお答えいただいた上に、お二人のイラストまで描いていただき本当にありごとうございました。今月から再開された連載『大家さんと僕』、応援しています!
 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報④

読書月間イベント速報!浅井美紀先生からお返事を頂きました!
本校図書委員会からアンケートをお願いした浅井美紀先生からお返事が届きました!
浅井美紀先生は、北海道在住の写真家の方です。先生は2015年に『幸せのしずく World of Water Drops』(扶桑社、2015)という写真集を出されました。花びらや葉の上でまるで鏡のように花や光を映すしずくや、水を飲むアリの可愛らしい姿を鮮やかに写した写真は見る人をとりこにします。
浅井先生は普段は会社員としてお仕事をされながら、お仕事の後や休日などにご自宅やお庭、ご近所で写真を撮られるそうです。(撮影に7時間かけた作品もあるそう!)
ぜひみなさん、この世のものとは思えないほど綺麗な写真を一度見に来てください。
先の写真集に加え、『しずく作品集&撮影テクニック 浅井美紀の美しく小さな世界』(玄光社MOOK、玄光社、2017)という本も図書館に入る予定です。写真部の人、写真を撮るのが好きな人はぜひ一読を。
浅井先生、お忙しい中アンケートにお答えいただきありごとうございました!

 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報③

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報③白鳥士郎先生からお返事を頂きました!
本校図書委員会からアンケートをお願いした白鳥士郎先生からお返事が届きました!
白鳥士郎先生は数多くのライトノベル作品を手掛けられている小説家の方です。
特に『のうりん1-13巻』(GA文庫、ソフトバンククリエイティブ、2011~)はご自身の地元・岐阜の農業高校を取材して書かれた作品(東分校や桂高校も調べられたそうです!)で、異色の農業学校ラブコメ小説として話題作となりました。アニメ化もされ、またプロサッカーチームFC岐阜とのコラボも話題となりました。2015年からは将棋を題材とした『りゅうおうのおしごと!1-9』(GA文庫、ソフトバンククリエイティブ、2015~)も執筆されています。この作品もアニメ化され、『のうりん』に引き続きサッカーチームとのコラボや将棋イベントの開催も行われています。
白鳥先生、お忙しい中アンケートにお答えいただき、また素敵なサインもありごとうございました!
 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報②

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報②箕輪厚介先生からお返事を頂きました!
本校図書委員会からアンケートをお願いした箕輪厚介先生からお返事が届きました!
箕輪厚介先生は幻冬舎の編集者をされている方で、今までに放送作家・鈴木おさむさん、実業家・堀江貴文さん、総合格闘家・青木真也さんの著書など数多くのベストセラー作品の編集を手掛けられています。
同時にご自身で立ち上げられた会社で、様々な企業・組織のプロデュースを行ったり、会員制のコミュニティを運営したりするなど、従来の編集者に収まらない幅広い活躍をされています。今年、ご自分の仕事術・働き方・生き方について、著書『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス、2018年)で語られ話題となっています。
箕輪厚介先生、お忙しい中アンケートにお答えいただき、ありがとうございました!
 

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報

読書月間2018イベント“作家さんへのアンケート”速報!二宮敦人先生からお返事を頂きました!
 本校図書委員会からアンケートをお願いした二宮敦人先生からお返事が届きました!
二宮敦人先生はホラーやミステリーを中心に多くの小説を手掛けられている作家さんです。近年では『最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常』(新潮社、2016年)といったノンフィクションや、医療ドラマ『最後の医者は桜を見上げて君を想う』(TOブックス、2016年)も出されています。
特に『最後の医者は~』は難病を抱える患者と対照的な信念を抱く2人の医者たちの、“生”と“死”を巡る葛藤を描いた作品で、出版後ベストセラーとなり、現在映画化も決定しています。続編も出版され、本校図書館にもまもなく入る予定です。
二宮敦人先生、アンケートと秀麗な絵を添えたサインまで送っていただき、本当にありがとうございます!
 

読書月間のお知らせ

図書館より「読書月間」のお知らせです。11月19日~12月21日は、綾部高校図書館「読書月間」です。この期間に、「作家さんアンケート」をはじめ、さまざまなイベントを行います。

 

清水健先生からお返事をいただきました

図書委員会から 清水健先生からアンケートのお返事を頂きました!


清水先生は大阪府出身の方で、讀賣テレビのアナウンサーを務めておられました。2009年から関西の報道番組「かんさい情報ネットten」のキャスターをされ、夕方のニュース番組の顔として“シミケン”の姿を覚えている方も多いと思います。
2013年にご結婚、翌年にはお子様にも恵まれました。しかし、2015年にがんのため奥様が亡くなられます。嬉しい赤ちゃんの知らせからまもなく、乳がんが発覚、出産・闘病、そして別れという2年間を清水先生は『112日間のママ』(小学館、2016年)という著書に綴られました。その克明な記録は多くの人の反響を呼びます。

現在はアナウンサーを退職、お子さんの子育てをされながら、がん撲滅や難病対策の拡充推進のための基金を設立し、自身の体験をもとにした講演活動をされています。
また、『112日間のママ』の後、お子さんとの日々やシングルファーザーとしての体験・思いを『笑顔のママと僕と息子の973日間 シングルファーザーは今日も奮闘中』(小学館、2017年)という本で語られています。本校でも1・2作目とも所蔵しています。

清水健先生、大変お忙しい中アンケートにご回答いただき、本当にありがとうございました。

 

仲野ワタリ先生からお返事をいただきました

図書委員会から 仲野ワタリ先生からアンケートのお返事を頂きました!


仲野ワタリ先生は江戸時代ファンタジー『猫手長屋事件簿』シリーズ(白泉社、2014~)、『ゲストハウス八百万へようこそ』(双葉社、2016)のほか、児童書やライトノベルも書かれています。最近では、17年間もの連載を経て完結したコミック『エンジェル・ハート』(北条司作、ノース・スター)の小説『小説エンジェル・ハート 消えた心臓』(ノース・スターズ・ピクチャーズ、2017)を手掛けられました。

本校図書館所蔵の『ゲストハウス八百万へようこそ』は本校英語科の先生もおすすめの小説です。元バックパッカーの主人公がオープンした古民家ゲストハウスを舞台に、スタッフ(3人と柴犬一匹)と様々な外国人旅行者たちの素敵な出会いを描いています。ぜひ一読してみてください。
 お忙しい中、アンケートに回答いただきました仲野ワタリ先生ありがとうございます!

 

麻希一先生からお返事をいただきました

図書委員会から 麻希一樹先生からアンケートのお返事を頂きました!


麻希一樹先生は『「悩み部」の結成と、その結末。』(学研、2015)をはじめとする“悩み部”シリーズ等のショートショート(短編)を手掛けられている作家さんです。執筆のお仕事とともに、大学の研究室に所属され、心理学を専攻されているそうです。

代表作の“悩み部”シリーズは現在5巻まで刊行されています。この作品は、とある学校で悩み部という不思議な部活(同好会)を結成した高校生たちの物語です。わがままだけど美人のお嬢様、地蔵と呼ばれる冷静沈着な優等生、そして唯一の常識人の女子高生、この3人が学校内外の悩みを引き寄せ見事に解決していきます。
どの話も5分で読める短編なので、なかなか時間がない人にもオススメです。

お忙しい中、アンケートに回答いただきました麻希一樹先生ありがとうございます!

 

清水茜先生からお返事をいただきました

図書委員会から 清水茜先生からアンケートのお返事を頂きました!


清水茜先生は、今話題のコミック『はたらく細胞』を手掛けられている漫画家さんです。
『はたらく細胞』は人間の身体の中で、日々働きまわっている赤血球や白血球などの細胞たちを擬人化してしまうという驚きの発想で描かれた漫画です。おっちょこちょいな赤血球の奮闘や、細菌から体を守る神出鬼没の白血球、元は軟弱だったのに今はマッチョなキラーT細胞など魅力的なキャラクターが登場し、病気を引き起こす病原菌や寄生虫から体を守る彼らの働きが分かりやすくマンガで描かれています。
理系の人はもちろん、文系の人にもおすすめのマンガです。
5巻まで刊行されており累計100万部を突破、現在「月刊少年シリウス」で連載中です。

お忙しい中、アンケートに回答いただきました清水茜先生ありがとうございます!

 

川口俊和先生からお返事をいただきました

図書委員会から 川口俊和先生からアンケートのお返事を頂きました!


川口俊和先生は、数ある本の中から2017年本屋大賞ノミネート・10位を受賞したベストセラー『コーヒーが冷めないうちに』を描かれた作家さんです。この本は、座ると「コーヒーが冷めない」間だけ過去に行ける喫茶店「フニクリフニクラ」を訪れる人々を描いた感動作品です。もともとこの作品は舞台で上演されていた演劇作品だったそうです。その舞台を見て感動された編集者の方がぜひ本にしたいと、劇団の脚本家・演出家である川口先生に声を掛けられこの小説が誕生しました。

現在は2巻にあたる『この嘘がばれないうちに』が刊行され、本校でもリクエストがあり図書館に入っています。川口先生は現在1110(かわぐち)プロデュースという団体を主宰され、『コーヒーが冷めないうちに』の舞台を全国各地で上演されています。

お忙しい中、アンケートに回答いただきました川口俊和先生ありがとうございます!

 

小林弘幸先生からお返事をいただきました

図書委員会から 小林弘幸先生からアンケートのお返事を頂きました!

小林弘幸先生は医師として海外の病院に勤務された後、現在順天堂大学医学部教授を務められている先生です。ご自身が学生時代に野球やラグビーなどのスポーツに打ち込まれ、現在はスポーツドクターとしてもたくさんのアスリートに関わっておられます。

小林先生は自律神経研究の第一人者といわれ、専門的な研究はもちろん、日常の生活において自律神経を整える大切さを訴えるため、たくさんの著書を一般の方向けに出されています。本校所蔵の『自信を取り戻し最高の自分を引き出す方法 究極のマインドフルネス気づきのトレーニング』(徳間書店、2017)をはじめ、著作は100冊近くに上ります!
中でも『聞くだけで自律神経が整うCDブック』(アスコム、2014)は、普段意識しにくい自律神経をCDを聴くことで整えるという画期的な本でベストセラーとなりました。書籍だけでなくテレビなどのメディアにも出演されておられるので、すでに先生のトレーニング法を実践している人もいるかもしれません。
 
お忙しい中、アンケートに回答いただきました小林弘幸先生ありがとうございます!

 

内藤了先生からお返事をいただきました

図書委員会から 内藤了先生からアンケートのお返事を頂きました!
内藤了先生は最新刊『ゴールデンブラッド』(幻冬舎文庫、幻冬舎、2017※現在発注中)をはじめ、ミステリーやホラー、怪奇小説を手掛ける小説家の方です。

 2014年に日本ホラー小説大賞読者賞を受賞した第一作『ON』をはじめとする、“猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子”シリーズ(角川ホラー文庫、KADOKAWA、2014-)は8巻まで刊行され、昨年テレビドラマ化もされました。波瑠さん主演のドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」を見た人もいるのではないでしょうか?
人気シリーズを手掛ける一方で、内藤先生は長野県在住でデザイン事務所経営ということ以外はほとんど明かされていない謎の多い作家さんでもあります。

お忙しい中アンケートに回答いただいた上、とても貴重で素敵なサインをお送りくださった内藤了先生、ありがとうございます!

 

藤原和博先生からお返事をいただきました

図書委員会から 藤原和博先生からアンケートのお返事を頂きました!

藤原先生はリクルート社でお仕事をされたのち、東京都で初めて義務教育の区立中学校で民間人校長を務められ、様々な分野で新たな取り組みを発案・実践された方です。現在は奈良県の奈良市立一条高等学校校長をされています。

著書も多数出され、大人向けの本以外にも『10年後、君に仕事はあるのか?』(ダイヤモンド社、2017)、『「ビミョーな未来」をどう生きるか』(ちくまプリマ―新書、筑摩書房、2006)など、本やご自身のサイトを通じて中高生に向けたメッセージをたくさん発信されています。


お忙しい中、アンケートに回答いただきました藤原和博先生ありがとうございます!

 

日向夏先生からお返事を頂きました

図書委員会から アンケートとお手紙を送った日向夏先生からお返事を頂きました!!
綾部高校では11月20日より始まる読書月間イベントとして、作家の先生方にアンケートへの回答をお手紙でお願いしています。

日向夏さんは、本校所蔵の『薬屋のひとりごと1-6巻』(ヒーロー文庫、主婦の友社、2012-)をはじめとする小説を書かれている作家さんです。『薬屋のひとりごと』は薬や毒に精通した薬師の少女・猫猫(マオマオ)が、誘拐された先の後宮でその知識と行動力で様々な事件から権力に絡んだ謀略まで解決していくミステリーです。魅力的な人物たちがおりなす人間模様も目が離せないイチオシ作品です♪

お忙しい中、一問一問丁寧に回答いただきました日向夏先生、ありがとうございます! 

 

読書月間のお知らせ

『読書月間』の活動を紹介します。綾部高校図書館では、11月20日(月)~12月21日(木)の約1ヵ月間を『読書月間』として下記のイベントを行います。

①Book Talk読書月間特別号  作家さんへのアンケート回答掲載 12月発行予定 ➡この記事の下の『作家さんへのアンケート・展示』のページに掲載しています。

②Book Talk読書月間特別号  読書クイズ

③保管期限切れ雑誌配布  11/20昼休み~

④ワークショップ【ブックカバー・しおり作り】11/22・12/7・12/13 各放課後

⑤綾高図書館公認しおりコンテスト

⑥貸出冊数・期間 2週間で4冊→ 3週間で10冊 11/20~

 

図書委員会主催イベント 『作家さんへのアンケート・展示』

図書委員会主催イベント『作家さんへのアンケート・展示』について紹介します。

綾部高校図書委員会では、毎年読書月間にあわせて本を書かれている作家や有名人の方に、本やご自身に関するアンケートへの回答をお願いしています。
今年は各クラスで募集した以下の23名の作家の方々に、図書委員が手書きしたお手紙を添えてアンケート用紙を送付しました。

御返答いただけた作家さんの御回答は、12月発行の図書委員会だより“Book Talk”に掲載・配付を行います。

※アンケート項目は図書委員が、作家の先生にお聞きしたいことをまとめ、質問にしました。

 

図書館オリエンテーションを行いました

図書館オリエンテーションを行いました
 4月17日(月)~20日(木)の期間、1年生を対象に図書館オリエンテーションを行いました。1クラス45分ずつ、図書館の利用方法や、蔵書図書の紹介、調べ学習に使えるパソコン(インターネット)や、ビデオライブラリーを利用できることを紹介しました。
 その後、本の読み聞かせをしました。選んだ本は「大きな木」シェル・シルヴァスタイン(著)「いつもいっしょに」こんのひとみ(著)です。想像力を働かせれば、何通りにも読める楽しさ、視野が広がることなど「本」の素晴らしさを伝えました。その後、生徒たちは自由に本を手に取り、早速、本を借りる生徒もいました。

 
読み聞かせの後、「ジーンと心にきた」「久しぶりだったので、いい時間でした」「気持ちが落ち着いていくのがわかった」などの生徒の感想でした。配布された、オリエンテーション用のパンフレットや最近話題の図書の紹介を参考に、ぜひたくさんの生徒が図書館を利用してくれると嬉しいです。
 

「そうそう、この本おもしろいよ」と友達に勧めながらどんな本が好きかそれぞれ紹介し合っていました。
図書館に入ってすぐわかるよう、おすすめ図書や最新図書、季節ごとに変えながら話題図書を置いています。最新作を入れていますので、ぜひ見に来てください。
 

図書館2~3月の展示

図書館2~3月の展示
今年度の卒業生が「読んでおもしろかった図書館の本」として挙げてくれた本をまとめて展示しています。
               (図書館からのアンケートへの回答)   ↓卒業生が巨大折り紙のドラゴンを記念に置いていってくれました。




読書感想文集(1・2年生国語科課題、本分校合同)ができました。
本校からは最優秀作1作、優秀作2作、佳作4作を選んで表彰しました。
表紙・裏表紙イラスト ↓ は3年生の美術部生徒の作品です。感想文が載っている本をまとめて置いています。↓
 

~3月発行図書館だよりの新しく入った本から~

哲学○『「待つ」ということ』鷲田清一 著 104  リクエスト本 心理○『女子の人間関係』水島広子 著 143  リクエスト本

社会○『NHKニュースのキーポイント』2014 2015 302 ○『さがしています』アーサー・ビナード 著 319

○『うちのトコでは4』もぐら 著 361 ○『ほぉ…ここがちきゅうのほいくえんか』てぃ先生 著 376

生物○『UMA生態図鑑』並木伸一郎 著 480  リクエスト本

家庭○『フランス人は10着しか服を持たない』ジェニファー・スコット著 590 ○『誰も教えてくれないお金の話』うだひろえ 著 591

家畜○『マイペースのススメェー』平林美紀 写真 645

スポーツ○『箱根駅伝名場面100選』○『箱根駅伝2015』782

ゲーム○『東大式世界でいちばんやさしい麻雀教室』井出洋介 著 797 リクエスト本

文学○『かはたれ』朽木 祥 著 913 ○『小説千本桜』1・2 黒うさP〔ほか〕原作 913  リクエスト本

○『囚人と紙飛行機』少年パラドックス 少女アポリア猫口眠@囚人P 著 913  リクエスト本

 ○『モナミは世界を終わらせる?』はやみねかおる著913  リクエスト本

○『満願』米澤穂信 著 913  リクエスト本 ○『跳びはねる思考』東田直樹 著 914  リクエスト本

○『アニー』トーマス・ミーハン 著 933  絵本○『ぴっぽのたび』刀根里衣 作 E

【文庫】

文学○『こちらあみ子』今村夏子 著 91 ○『私の家では何も起こらない』恩田 陸 著 91

○『怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス』神永 学 著 91 ○『限界集落株式会社』黒野伸一 著 91

○『サクラ咲く』辻村深月 著 91 ○『デュラララ!!SH3』成田良悟 著 91

○『しゃぼん玉』乃南アサ 著 91 ○『マスカレード・イブ』東野圭吾 著 91  リクエスト本

○『終業式』姫野カオルコ 著 91 ○『扉守』光原百合 著 91

○『ソロモンの偽証』1~6 宮部みゆき 著 91  リクエスト本 ○『探偵日暮旅人の望む物』山口幸三郎 著 91

【新書】

紀行○『私はなぜ80歳でエベレストを目指すのか』三浦雄一郎 著 29

動物○『クラゲ世にも美しい浮遊生活』村上龍男 著 48

産業○『キレイゴトぬきの農業論』久松達央 著 61 ○『鉄道ひとつばなし』原 武史 著 68

【岩波新書】

歴史○『戦国乱世から太平の世へ』(日本近世史①)藤井譲治 著 21

産業○『農山村は消滅しない』小田切徳美 著 61


~2月発行図書館だよりの新しく入った本から~

雑著○『おかんメール2』049  リクエスト本  歴史○『京大芸人式日本史』菅 広文 著 210 リクエスト本

教育○『ある日、私は友達をクビになった』エミリー・バゼロン著 371  生物○『動物の見ている世界』ギヨーム・デュプラ 著 481

環境○『上下水道が一番わかる』 ○『トコトンやさしい下水道の本』 ○『新上下水道なぜなぜおもしろ読本』 ○『水の環境戦略』518

交通○『国鉄・JR関西圏近郊電車発達史』寺本光照 著 686  リクエスト本

絵画○『マーカーは楽しい』726 ○『マンガで読み解くマンガ教育』726

文学○『明日の子供たち』リクエスト本 ○『キャロリング』有川 浩 著 913

 ○『王様ゲーム』再生9.24  煉獄10.29 金沢伸明 著913リクエスト本

○『霧雨が降る森 上』朽葉つむぎ 著 913 リクエスト本 ○『GOSICK BLUE桜庭一樹 著 913  リクエスト本

 ○『土漠の花』月村了衛 著 913  リクエスト本  ○『ログ・ホライズン』7・8 橙乃ままれ 著 913 リクエスト本

○『就職相談員蛇足軒の生活と意見』松崎有理 著 913  ○『あなたに褒められたくて』高倉 健 著 914 寄贈

  ○『カンヴァスの向こう側』フィン・セッテホルム著 949

絵本○『マックマウスさん』レオ=レオニ 著 E

マンガ○『うちの三姉妹』上中下 松本ぷりっつ 著 59  リクエスト本  ○『猫ピッチャー』1・2 そにしけんじ 著 726  リクエスト本

  ○『3月のライオン』1~9 羽海野チカ 著 796  リクエスト本

【文庫】

科学○『雨のことば辞典』倉嶋 厚〔ほか〕編著 45

文学○『双月高校、クイズ日和』青柳碧人 著 91 ○『ロック母』角田光代 著 91

○『ソードアートオンライン プログレッシブ3』川原 礫 著 91  ○『思い出のとき修理します3』谷 瑞恵 著 91

○『きりこについて』西 加奈子 著 91(本作は受賞作ではありません。)今回(1月発表)の直木賞受賞、西加奈子さんの本、集めて置いています。

○『キミを自転車の後ろに乗せて。』べあ姫 著 91  リクエスト本  ○『ヒトリシズカ』誉田哲也 著 91  寄贈

○『ビブリア古書堂の事件手帖6』三上 延 著 91  ○『三島由紀夫レター教室』91 ○『カササギたちの四季』道尾秀介 著 91

【新書】

○『四大公害病』政野淳子 著 51

【岩波新書】

○『縮小都市の挑戦』矢作 弘 著 31   ○『コーポレート・ガバナンス』花崎正晴 著 33

○『タックス・イーター』志賀櫻 著34 ○『復興〈災害〉』塩崎賢明 著36  ○『里の時間』芥川仁〔ほか〕著38

○『原発と大津波 警告を葬った人々』添田孝史 著 54  ○『NHK 新版』松田 浩 著 69

○『学校で教えてくれない音楽』大友良英 著 76  ○『閉じる幸せ』残間里江子 著 91            

【岩波ジュニア新書】                   

○『キリスト教入門』山我哲雄 著19  ○『10代の憲法な毎日』伊藤 真 著 32           

○『〈できること〉の見つけ方』石田由香理〔ほか〕著36   ○『「育ち」をふりかえる』渡井さゆり 著 36          

○『大学生活の迷い方』蒔田直子 編著 37

 

 


 

1~2月の展示など

図書館1~2月の展示など
《2月3日は節分》鬼の本集めて置いています。


《今年は「未(ひつじ)年」!》 羊にまつわる本を集めて置いています。

                                        ↑クオリティーの高い「羊さん」(折り紙)は常連さんの生徒作

《バレンタインに向けて“タイトルに「チョコレート」がつく本”集めています》

チョコやクッキーのレシピ本もまとめて置いています。

《読書フェス期間中に応募してくれた本のPOP・しおりを置いています》

                                   ☆ラミネートした「しおり」はカウンターに置いています。持ち帰り自由です。

~1月発行図書館だよりの新しく入った本から~

生き方○『わたしはわたし。そのままを受け止めてくれるか、さもなければ放っといて。』

 ○人生を振り返るとき、もっと大胆に生きていたらどんなに素敵だっただろう、なんて思いたくないでしょ?』
○『ときには好きなだけわがままになってみればいい。』159

社会○『日本を大切にする仕事』山岡淳一郎 著 335

教育○『学校に行かなくなった日』琴葉とこ 著 371 ○『ぼく、いいものいっぱい』善元幸夫 編著 371

○『“弁当の日”がやってきた』竹下和男 著 374

植物○『足元の小宇宙』埴 沙萌 著 470

農業○『農業がわかると、社会のしくみが見えてくる』生源寺眞一 著 611 ○『いのちの花』向井愛実 著 645

芸術○『ヘンリー・ダーガー』小出由紀子 編著 723 ○『「超パーツ式」似顔絵入門』小河原智子 著 726

○『田中一光 IKKO TANAKA727

スポーツ○『アメリカンフットボール・ゲームプレー』783 ○『ネイマール』783

文学○『芥川症』久坂部 羊 著 913 ○『上流階級』高殿 円 著 913

○『雪花』十和 著 913寄贈 ○『六兆年と一夜物語』西本紘奈 著 913リクエスト本

  ○『昔むかしの物語』イワナ・ブルリッチ=マジュラニッチ 著 989

マンガ○『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』小栗左多里 著 302 ○『どーすんの?私』細川貂々 著 36

   【文庫】

図書○『傷だらけの店長』伊達雅彦 著 02 社会○『予想どおりに不合理』ダン・アリエリー著 33

医療○『音楽嗜好症』オリヴァー・サックス著 49

産業○『半農半Xという生き方』塩見直紀 著 61 ○『ディズニーランドの経済学粟田房穂〔ほか〕著 68

文学○『超思考』北野 武 著 91 ○『謎解きはディナーのあとで 風祭警部の事件簿』黒岩 勉 著 91

○『ウロボロス』イクオ篇 タツヤ篇 杉江松恋 著 91
○「にわか高校生探偵団」シリーズ2~5 短編集似鳥 鶏 著 91リクエスト本

○『出口なし』○『レディオ・コール』寄贈○『貞子3D復活』藤ダリオ 著 91

○『万能鑑定士Qの探偵譚』松岡圭祐 著 91寄贈 

○『ほとんど記憶のない女』リディア・デイヴィス著 93 ○『トーベ・ヤンソン短篇集』94

【岩波新書】

○『グローバル経済史入門』杉山伸也 著 33 ○『「働くこと」を問い直す』山崎 憲 著 36

【岩波ジュニア新書】

○『人とミルクの1万年』平田昌弘著64○『漢詩のレッスン』川合康三著92


《今年で阪神・淡路大震災から20年です》 
防災の本のコーナーに地震・阪神淡路大震災・東日本大震災関係の本をまとめて置いています。






 

読書フェス期間中です!

図書館リニューアル記念、綾高(本校)の「読書フェス」期間中です!
(11/25~来年1月末)

◎期間中は、貸出冊数無制限・2学期中貸出の返却日は3学期始業式翌日です!(ただし予約がついた本は返却を急いでいただきます。)
◎DVD上映・しおり&POP募集・折り紙&カードコーナーなどしています。

 ↑手作りコーナーで放課後豆本を作った生徒達の作品です!

〔読書フェス特別展示中:こんな本があった!隠れたビジュアル本〕


クリスマスの本も展示しています  


◎図書委員会で作家の方々にアンケート手紙を送りました。
 お返事をいただいた6名の方々の著書と返信文(図書委員会新聞「Book  Talk」掲載)を展示しています。
似鳥鶏 さん↓                    白岩玄 さん・ さだまさし さん

和田竜 さん↓                   美嘉 さん↓        

藤ダリオ さん↓

〔2学期からお世話になっているAETエイミ先生のおすすめの本〕↓


~12月発行図書館だよりの新しく入った本から~

雑著○『こどもの発想』天久聖一 著 049

社会○『この世で一番おもしろいミクロ経済学』ヨラム・バウマン著331○『図解!!生き残るためのやりかた大百科』369

○『地域を変える高校生たち』宮下与兵衛 著 376

科学○『的川博士の銀河教室』的川泰宣 著 440○『未確認飛行物体』ポール・ホワイトヘッド著 440

○『雲のカタログ』村井昭夫・鵜山義晃 著451リクエスト本○『この法則でゾーンに入れる!』茂木健一郎 著498

技術○『食の安全と環境』松永和紀 著 519○『NAKED FASHION』サフィア・ミニー著589

写真○『テッペン!』小野庄一 著 748

文学○『ただいまが、聞こえない』坂井希久子 著 913○『続終物語』西尾維新 著 913

○『すえずえ』畠中 恵 著 913○『どくとるマンボウ医局記』北 杜夫 著 914

【文庫】

社会○『「半沢直樹」で経済がわかる!』池井戸 潤・櫻沢健 著 33○『鬼の研究』馬場あき子 著 38

産業○『鉄道地図は謎だらけ』所澤秀樹 著 68

文学○『詩とことば』荒川洋治 著 90○『株価暴落』池井戸 潤 著 91 リクエスト本
○『百舌の叫ぶ夜』○『幻の翼』逢坂 剛 著 91リクエスト本○『ラブオールプレー』小瀬木麻美 著 91
○『新約とある魔術の禁書目録11』鎌池和馬 著 91○『キノの旅ⅩⅧ』時雨沢恵一 著 91
○『思い出のとき修理します』1・2 谷 瑞恵 著 91 リクエスト本○『時の罠』91

○『ドS刑事』2・3 七尾与史 著 91  リクエスト本○『デュラララ!!SH×2』成田良悟 著 91  リクエスト本

○『星間商事株式会社社史編纂室』三浦しをん 著 91○『ドアD』山田悠介 著 91

○『勝手にふるえてろ』綿矢りさ 著 91○『山賊のむすめローニャ』リンドグレーン著 94

○『機械探偵クリク・ロボット』カミ著 95

【新書】

情報○『メールはなぜ届くのか』草野真一 著 00○『ネット護身術入門』守屋英一 著 00

科学○『理系あるある』小谷太郎 著 40

農業○『ほんとの野菜は緑が薄い』河名秀郎 著 61

芸術○『ももクロの美学』安西信一 著 76○『東大卒プロゲーマー』ときど 著 79

【岩波新書】

○『高野山』松長有慶 著 18 ○『日米〈核〉同盟』太田昌克 著 31○『アベノミクスの終焉』服部茂幸著33
○『保育とは何か』近藤幹生 著37○『食と農でつなぐ 福島から』塩谷弘康[ほか]著 61

○『ものの言いかた西東』小 隆[ほか]著81○『近代秀歌』永田和宏 著91

【岩波ブックレット】

○『ブラック企業のない社会へ』366○『つながりを煽られる子どもたち』土井隆義 著 367

○『アルコールとうつ・自殺』松本俊彦 著 493○『産後ケア』福島富士子〔ほか〕著 495

 

図書館からリニューアルのお知らせ

《図書館からお知らせ》


工事中、ご不便をおかけしましたが、

閲覧室みなさんが利用できるところ)が広くなりました!





図書館リニューアル記念・読書フェス期間
を予定しています。

 

11月展示

〈11月の展示〉
11/1の古典の日に合わせて、日本文学古典作品のマンガなど、親しみやすいものを展示しました。


9~10月の展示
10/31は“ハロウィン”《魔法・魔女の本》



《スイスの本》10/15にスイスから来校される方々あります!


《月・星の本》



9月の展示・行事

 
 
《敬老の日:おじいちゃん、おばあちゃんの出てくる本》

《文化祭(9/3・4)では古本交換とDVD上映会をしました》


~8月の展示

 暑さがひくような~~怖い本~~展示中です。


1・2年生夏休み読書感想文課題の参考図書をまとめて置いています!
 新潮文庫100冊冊子・集英社ナツイチ冊子に載っている本です。


図書委員会発行のおすすめ本冊子「ドクショ ノ ススメ」に載っている本を展示しています。

  ↓先生方の“おすすめ本”コーナー

  
  ↓図書委員と常連さんたちの“おすすめ本”コーナー


笹がみんなの願い事でいっぱいです。~叶いますように~


図書館の6月の展示

《七夕に向けて》~願い事を書いて笹に~


《サッカーワールドカップ関係の展示》


《天気・気象の本 雨の本》



今年は作者のトーベ・ヤンソンさん生誕100年!《ムーミンの本》


5/31~6/6は禁煙週間《たばこの本》


文化祭に向けて《演劇脚本・展示紹介本コーナー》


図書委員会新聞より《新転任の先生へのアンケートで挙がっていた本コーナー》


4月の1年生向け図書館オリエンテーションのアンケートより《1年生が読んでよかった本コーナー》



5月の展示
《鳥の本 5/10~愛鳥週間》



《看護の本 5/12は看護の日》


《母の日》



子ども読書の日(4/23)・子ども読書週間に合わせて展示をしました。

《今年の本屋大賞ノミネート作など》



祝!国際アンデルセン賞作家賞受賞! 《上橋菜穂子さんの本》