ICT教育

綾部高等学校のICT教育について紹介します。
 情報通信技術が飛躍的な発展を遂げ、グローバル化が加速する時代において、生徒達が主体的に学び続ける力を養うために、ICT(Information Communication Technology)教育を推進しています。
 電子黒板やiPadを使って、デジタル教材やソフトウエア等を活用した学習や、学習プラットフォーム(Classi等)を使ったコミュニケーションなどを、各教科で実践しています。
 従来取り組んできた本校の教育活動を礎として、新たな学び方を提案していきます。

■ICTを活用した授業紹介
 ▶国語科
 複数の班の解答を、一画面に同時に映し、発表する。文法事項や間違い等を共有して知識や理解を深める。     
   
▶社会科(世界史)
 電子黒板に映し出されたデジタル地図や写真を見て、地形の特徴をふまえて歴史の流れを理解し、視覚的に学習する。 
 ▶数学科
 練習問題の図形(正多角形)を電子黒板に映し出し、それを見て、考えたり相談したりする。動的なデジタル教材で学習する。
 ▶理科(物理)
 電子黒板に映し出された解答をもとに、全員で内容を共有する。手元の資料の注目するべき点を確認する。
 ▶体育科
 iPadで撮影された動画を様々な再生機能で視聴し、より詳細に自身の動きについて分析し、技術の向上を図る。
 ▶芸術科(美術)
 画像編集ソフトで加工した作品をネット上にアップロードして、メッセージを送り合い、鑑賞内容を共有する。
 ▶英語科
 電子黒板に映し出された画像を見ながら知識を共有する。アプリを活用して、発音練習や、本文の音読を行う。
▶英語科
 WEB教材をオンラインで使い、実際の使用場面をイメージしながら、生きた英語に触れ、理解を深める。
 
▶iPadを使った学習の様子

▶IPadを使った学習の様子
 

ICT公開授業

2月7日(木)に、ICT公開授業を実施します。各教育機関のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
 

平成30年度ICT公開授業

平成30年度ICT公開授業を行いました。本校の教育活動の様子を、多くの教職員の方々に参観していただきました。
2月7日(木)、府内の府立学校および中丹管内の小中学校、教育委員会から教職員を招き、平成30年度「学びに向かう力」研究指定事業『京都府立綾部高等学校ICT公開授業』を行いました。
5限に「世界史B」「数学A」、6限に「国語総合」「物理基礎」「英語表現Ⅱ」の公開授業を行い、7限は本校実践報告と、参加者の実践交流会を行いました。
  

  

  

  
今年度は、ICT教育環境の整備に力を入れ、各教科の代表者を中心に、ICT機器を積極的に授業で活用してきました。
生徒達が協働的に課題解決に向かう態度を身につけることを目的に、各教科で機器を活用する授業展開を工夫しています。この環境下で熱心に学んでいる生徒達の様子を広く公開することで、校種の垣根を越えて教職員がICT教育活動について研鑽を積む機会となりました。