気象警報発表時等の対応について

気象警報発表時等の対応について

台風が近づくことが多い季節となっています。お知らせしていますように、気象警報発表時、JR運休時などには、下記を確認いただき安全を優先して対応をお願いします。この内容は、本HPの「綾高の理念」-「警報発表時の措置」にも掲載しています。


自宅待機・臨時休校になるとき

気象警報等で自宅待機・臨時休校になる場合は以下の通りです。
本校WEBサイトでの逐次報告ができない場合があることをお含みいただき、以下の内容でご判断ください。学校への問い合わせは、なるべく避けてください。

1 午前6時の段階で、次のいずれかに該当する場合は、生徒は自宅待機とする。

 (1) 綾部市に特別警報が発表されている場合     

 (2) 綾部市に次の警報が発表されている場合

     大雨警報、暴風警報、暴風雪警報、洪水警報    

 (3) JR綾部駅を通過する列車が全部運休している場合

(注)警報の発表区分は①綾部市、②舞鶴・綾部、③京都府北部のいずれかとなります。ただし、広域に警報が発表されている場合は「綾部市」に出ていることを確認すること。

(注)JR綾部駅を通過する全線とは、舞鶴線と山陰本線である。

   

2 午前10時までに、上記1(1)(3)の該当項目について解除もしくは運行された場合、授業を午後より再開する。13時15分までに登校すること。

 

3 午前10時以降も1(1)(3)のいずれかが続いている場合は臨時休業とする。


4 在住する地域に特別警報・警報(大雨・暴風・暴風雪・洪水)が発表された場合、もしくは通学に活用しているJR等公共交通機関が運休している場合、1~2の規定に準じる。該当生徒は、忌引等(出席を要しない日)扱いとする。

 

5 臨時休業の場合は、後日その回復措置を講じる。


6 公共交通機関には遅延が考えられるため、時間の余裕をもって通学すること。