お問い合わせ

京都府城陽市立青谷小学校
〒610-0113
京都府城陽市中向河原1番地
TEL 0774-52-0040
FAX 0774-52-4320
E-MAIL:aodani-es@kyoto-be.ne.jp
 

カウンタ

COUNTER1041883
(2012年7月27日開設)

オンライン状況

オンラインユーザー4人
ログインユーザー0人

QRコード

携帯でもこのページを
見ることができます。
下のQRコードを携帯で
読み取ってください。
 

今日の給食


2020/11/24

11月24日(火)の給食「だしで味わう和食の日」

| by 校長
<11月24日(火)の献立>
ごはん
牛乳
大根のみそ汁
鶏肉の塩こうじ焼き
白菜の梅肉和え

<一汁二菜の和食献立>

<だしで味わう和食の日、特製みそ汁>

<塩こうじ焼き&梅肉和え>

「大根のみそ汁」
いつもの汁物は、削節または煮干のどちらかを使用することが多いのですが、本日は和食の基本である鰹・昆布だしです。鰹のイノシン酸と昆布のグルタミン酸の相乗効果で旨み豊かな出汁になります。城陽産の新鮮な大根を口に運ぶと、ふくよかなだしがじゅわっと広がります。和食の日特製の美味しいみそ汁でした。


「鶏肉の塩こうじ焼き」
梅ソース、みたらし焼き、韓国風焼き鳥、七味焼きに続く鶏もも肉第5弾は、塩こうじ焼きです。塩こうじは発酵食品、鶏肉を塩こうじに漬け込むことで、旨みが増して柔らかくなるそうです。塩味がまろやかで、美味しかったです。

「白菜の梅肉和え」
白菜、人参、小松菜(城陽産)をしょうゆ、三温糖に梅肉(城陽産)を加えた調味液と花がつおで和えてありました。いつもの和えものに、さわやかな梅の風味がプラスされて、一層白米に合う味わいになっていました。

◯本日(11/24)は「和食の日」にちなんで一汁二菜の献立でした。日本食の基本であるだしを存分に味わえました。城陽市の給食は日頃からだしを大切に考えています。だしの食文化を子どもたちにも伝えていきたいと思います。
※「和食の日」11(いい)+2(日本)+4(食)の語呂合わせ
※「鰹節の日」でもあるそうです。※11(いい)+24(ふし)の語呂合わせ

14:30 | 今日の献立