京都府 乙訓郡 大山崎町

 
第二大山崎小学校

Dainiooyamazaki Elementary School
                
 
 
 
新着情報
 
表示すべき新着情報はありません。
第二大山崎小学校
〒618-0091
京都府乙訓郡大山崎町円明寺西法寺26
TEL 075-957-2513
FAX 075-954-5327
e-mail  2ooyamazaki-es@kyoto-be.ne.jp
 
お知らせ
 このウェブサイト上の文章および写真などの著作物のすべてまたは一部を無断で使用することを固く禁じます。
 

オンライン状況

オンラインユーザー2人

カウンタ

COUNTER136289
平成30年度

努力の先に輝く姿あり

校長 山本 美由紀

 

先月は、6月にしては雨が少なく、例年よりも過ごしやすい日が続きました。先日、ようやく統計を取り始めて以来の最も遅い梅雨入りとなりました。

さて、先週の授業参観・懇談に多くの保護者の方々にご出席いただき、誠にありがとうございました。学校でのお子様の様子はいかがだったでしょうか。感想やお子様への励ましなど、ご家庭で話題にしていただけるとありがたいです。

また、最近、危険予測しがたい様々な事件が後を絶たない中、本校では、にやまっ子見守り隊の方々をはじめ、登校班に一緒に同伴されている保護者の方を見かけることも多くなりました。子どもたちの見守りをしていだいていることに感謝いたします。

話は変わりますが、先日、第2回児童集会がありました。今回は6年生の修学旅行の報告と二山っ子祭の紹介が主な内容でした。子どもたちの発表にいつも感心するのですが、堂々と大きな声で全校児童の前で発表できています。(ここに至るまでには各々が何度も念入りに練習している姿があります。)

今回の6年生の発表は、「協力し、見通しを持って、学び合う」ことを修学旅行のスローガンに掲げ、さらに、『稲むらの火の館』見学では「地震、津波の防災について学び合おう」を、『イカさばき』体験では「話をよく聞き、みんなで協力し、上手にイカをさばこう」というように、一つ一つの取組に目的をもって取り組んだことを、小道具を用いて寸劇で報告。最後に、修学旅行の取組成果を最高学年として「普段の生活に生かしていきます!」と力強く締めくくっていました。

修学旅行などの校外学習では、平素と異なる生活環境の中で、見聞を広め、豊かな自然や文化に触れる体験を通して、集団生活の在り方について考え、互いを思いやり、共に協力し合ったりするなどのよりよい人間関係をつくるというねらいがあります。

6年生は、まさに、このねらいを達成しようと一丸となって取り組み、その成果を全校児童の前で発表していました。彼らの姿はみんな輝いていました。また、それを聞く側の1年生~5年生の子どもたちの態度もなかなかたいしたものでした。これからも様々な取組を通して、二山小の子どもたちが「発表する力」(発表するのには「書く力」も大切)や「聞く力」、「人との関わりを大切にする心」などが育っていくことを期待しています。